News

  • イギリスGP - 金曜フリー走行1回目

フェルスタッペンが最速、緊急参戦のヒュルケンベルグは9番手

Jim
2020年7月31日
© Bryn Lennon/Getty Images
拡大

開幕3連戦から一時の休息を経てシルバーストーン・サーキットに再集結したF1サーカスは31日(金)、2020年FIA F1世界選手権第4戦イギリスGP金曜フリー走行1回目のセッションに臨み、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。

モータースポーツ発祥の地であるシルバーストーンのグランプリ週末を前に、レーシング・ポイントのセルジオ・ペレスが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査で陽性結果となり、チームのホームグランプリを欠場することが決定。レーシング・ポイントは予定通り2台を走らせるとしていたものの、代役を務めるドライバーも検査で陰性結果を得る必要があり、初回セッションの開始直前になってニコ・ヒュルケンベルグの緊急参戦が発表された。

雲ひとつない晴天のシルバーストーンは気温29.2度、路面温度37.7度、湿度35%のドライコンディションでセッション開始を迎え、アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンを先頭に複数のドライバーがインストレーションラップに向かった。ピレリはシルバーストーンにC1からC3のドライタイヤを持ち込んでいるが、同じサーキットで行われる来週末のF1 70周年記念GPはC2からC4のコンパウンドに変わる。

ヒュルケンベルグがガレージを出発したのはセッションが始まって12分が経過した頃。他にはタイム計測をスタートさせていたライコネンが走るのみで、入念にシステムチェックに取り組んでピットに引き上げている。ライコネン以外にも本格的なプログラムに取り掛かるドライバーが増えていったが、もう1台のアルファロメオ・レーシングを駆るアントニオ・ジョビナッツィがコースオフを喫した際にデブリが散らばり、その清掃のためにセッションは一時赤旗が振られた。ジョビナッツィはタイヤとマシンにダメージを受けたものの、自力でピットへの帰還を果たしている。

赤旗中断となった時点でタイムを残していたのは12名。トップには1分29秒192を刻んだフェルスタッペンがつけ、2番手には0.5秒差でルノーのエステバン・オコンが続いた。

約11分の中断を終えてセッションが再開されると、メルセデス勢がソフトタイヤを履いて出陣したほか、ほとんどの陣営がそれぞれのマシンをコースに送り出している。しかしながら、フェラーリのセバスチャン・ベッテルはインタークーラーシステムに不具合が見つかったとのことで、次のセッションに備えて修復作業を進めることを選択、1回目のフリー走行は2周の走行にとどまり、ノータイムのままコックピットを離れた。

コース上ではミディアムタイヤに切り替えたルイス・ハミルトンが1分27秒896を記録し、ソフトタイヤでマークした最速タイムを塗り替えるも、ソフトでクイックラップに臨んだフェルスタッペンが0.474秒上回ってトップの座を奪う。同じく柔らかいコンパウンドでタイム計測を終えた僚友アレックス・アルボンは4番手に飛び込んだものの、フェルスタッペンには0.7秒以上遅れている。

メルセデスはハミルトンがミディアムを試す一方でバルテリ・ボッタスがハードタイヤを評価しており、1分28秒519の自己ベストを残すボッタスはフェラーリのシャルル・ルクレールに次ぐ6番手につけていた。

序盤3戦で速さを示し、注目を集めてきたレーシング・ポイントはランス・ストロールが3番手に食い込んでおり、初めてRP20に乗り込んだヒュルケンベルグも他車のタイム更新でオーダーが上下しながらもトップ10をキープ。ストロールとヒュルケンベルグのギャップは0.6秒弱だ。

1分27秒422を刻んだフェルスタッペンがトップのまま90分のセッションが終了し、2番手にハミルトン、ストロール、アルボン、ルクレール、ボッタス、オコン、ダニエル・リカルド(ルノー)、ヒュルケンベルグ、ダニール・クビアト(アルファ・タウリ)がトップ10に名を連ねた。

クビアトのチームメイトであるピエール・ガスリーは100分の数秒差の11番手タイムを残している。

イギリスGP金曜フリー走行2回目は日本時間23時にスタートすることになっている。

© ESPN Sports Media Ltd.