News

  • シュタイアーマルクGP - ハースF1 - 決勝

前進を遂げ、今後に期待を持つハースF1

Nobu / Me
2020年7月13日 « ピレリ、多様なコンディションでのパフォーマンスに満足 | ライコネン、入賞に一歩およばず »
© Bryn Lennon/Getty Images
拡大

12日(日)、シーズン第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースをハースF1のケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは12位と13位で完走した。

ロマン・グロージャン

「今日はクルマの調子がずっと良かった。十分な速さが無かったのは間違いないが、かなり良くなっていたので、そこから作業を続けていきたい。クルマのフィーリングを良くして自信を持つことが重要なんだ。ずっとプッシュし続ける必要があった。金曜日、土曜日よりは明らかに良くなっていた。それが今回のポジティブなポイントだ」

ケビン・マグヌッセン

「今日はペースが無いことは分かっており、順位を上げるには何か特別なことが起こる必要があることも分かっていた。残念ながら、先週末のようにリタイアが続出する展開にはならず、ポイントを獲得するには十分ではなかった。でも、レースはとても楽しかった。良いスタートができて、1周目で多くのポジションを上げた。それが僕の唯一の武器になってしまっている。マシンは安定していて、最初のソフトでのスティントを十分に伸ばしてからミディアムに交換することができたので、それは期待以上だった。このことは、このクルマがタイヤにやさしく、決勝でプッシュできることを示している。予選のペースを上げて、上位からスタートできるようにしたい」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「先週よりは良い週末だった。レースはなかなか興味深かったよ、少なくともわれわれにとってはね。ドライバーたちのコメントも先週よりずっとポジティブだった。まだ少しペースを引き出す必要がある。それでも最低限、自分たちのグループ内でレースができることは示せた。良いスターティングポイントであり、ハンガリーでもこの傾向を維持したい。先週末は落胆があまりにも大きく、心が折れそうになっていたが、今は次のレースでもっとうまくやり、ここ以上のリザルトを出せるのではないかと大いに期待している」

© ESPN Sports Media Ltd.