News

  • シュタイアーマルクGP - ピレリ - 初日

タイヤは予想通りのパフォーマンスとピレリ

Jim
2020年7月11日 « バランスに苦戦するグロージャン | 背中の痛みで本調子ではないノリス »
© Joe Klamar / various sources / AFP
拡大

10日(金)に開幕したシーズン第2戦シュタイアーマルクGP初日はレーシング・ポイント勢が速さを見せるも、2回目のフリー走行はレッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを刻んだ。

2番手には0.043秒差で開幕戦を制したメルセデスのバルテリ・ボッタス、レーシング・ポイントのセルジオ・ペレスが3番手に食い込み、相棒のランス・ストロールも4番手に続いている。

初回セッションはペレスがタイムシート最上位に立ち、フェルスタッペンが2番手、ボッタスが3番手だった。

マリオ・イゾラ(自動車レース責任者)

「今日は若干いつもと状況が違い、チームらは数日前にレースをしたばかりのサーキットで走行に臨んだ。ただ、先週のこの段階で見たものとかなり異なる様相のセッションだったことは興味深い。また、大雨が予報されている明日に予定通り予選を実施できなかった場合、FP2のタイムが最終的なグリッドポジションを決める可能性があるため、FP2は緊急性も相まっていた。加えて、日曜日のコンディションはドライになると予報されているため、チームにとってはレースの準備を実施しておくことも重要でありながら、予選の代わりとできるよう、FP2のバンカータイムも刻んでおく必要があった。タイヤに関しては特に取り立ててサプライズはない。すべて予想していた通りにパフォーマンスしており、明日はウエットになりそうなので、チームはレースに全アロケーションのスリックタイヤを使うことになるだろう。それによってさまざまな戦略になる可能性が高いと言えよう」

© ESPN Sports Media Ltd.