News

© Remko de Waal / ANP / AFP
拡大

改定後の2020年カレンダーに掲載されないことをサーキット側が明らかにし、今年のF1オランダGPの中止が正式決定した。

5月3日(日)に35年ぶりの復活を果たすはずだったオランダGPだが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって先送りが発表された10戦の中にオランダも含まれていた。F1は来週にもヨーロッパでのスケジュールを発表する見通しで、7月5日(日)から9月6日(日)にかけて6つの会場で8戦が開催されるとみられている。しかし、オランダGPはそこに記載されないことが明らかになった。

責任者のヤン・ラマースによると、大規模な再開発を経たサーキットでは今年のレースを開催する準備ができていたが、オーガナイザーはファンなしでのレース復活を望まなかったという。

「最初のレースを迎える準備は全て整っていたし、今もそうだ」と彼は述べた。「関係するファン、企業と政府のおかげで信じ難いほどの成果が上がっていた」

「われわれとF1は無観客で今年のレースを再調整する可能性を探ったが、われわれはこの瞬間――ザントフォールトのF1復活をオランダのレーシングファンと一緒に祝いたいと考えている」

「どうか忍耐を見せてほしい。私は35年間待ち続けたのだから、あと1年待つなどたやすいことだ」

購入済みのチケットは来年のレースで有効となり、2021年の日程についてはFIA、F1と合意ができ次第、発表される。

2020年のF1シーズンは7月5日(日)、オーストリアのレッドブルリンクでソーシャルディスタンス対策を取った上で無観客のままスタートする方向で話が進んでいる。

© ESPN Sports Media Ltd.