News

  • F1

2021年から空力開発にスライド式の制限、予算制限は156億円に

M.S.
2020年5月28日 « ゲームを通じて旧友との親交が復活したと喜ぶラッセル | オランダGP、2020年の中止を正式発表 »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

新型コロナウイルスのパンデミックが収まった後のF1の未来が形を取り始めた。27日(木)にF1の統括団体であるFIAがテクニカルレギュレーションおよび財政面のレギュレーションにおけるいくつかの前例のない方策を承認した。

2021年、F1は空力開発にスライド制を取り入れるほか、全10チームに1億4,500万ドル(約156億3,000万円)のバジェットキャップが科される。この金額はそこから5年間で次第に減額される。これらの方策がF1の競争力の序列をより近づける一助となることが期待されている一方、新型コロナウイルスの影響を受けた後のチームらを財政的に保護する目的もある。

スライド制については、2021年からチャンピオンシップを下位で終えているチームに風洞とCFDでの開発時間がより多く与えられるものだ。このコンセプトは大枠ではアメリカのスポーツ競技で取り入れられているドラフト制を手本としている。

各チームはすでにファクトリーで実施できる空力開発に制限を科されていたが、2021年からは前年のチャンピオンシップにおける順位に基づいてその制限に偏向がかかる。

また、バジェットキャップも以前から原則として合意されていたものの、この数カ月の間に当初の1億7,500万ドル(約188億7,000万円)から交渉によって1億4,500万ドルに引き下げられた。この金額は2022年には1億4,000万ドル(約151億円)、2023年から2025年の間で1億3,500万ドル(約145億6,000万円)にまで下げられることになっている。

バジェットキャップはF1チームの縮小につながる。マクラーレンはこれまでに、この動きに対応してジョブカットの必要性が出てくると認めており、フェラーリはF1チームでの職を失うことが回避できない従業員のためにインディカー参入を検討しているという。

マクラーレンCEOのザク・ブラウンはF1がもっと大きな図を描く必要があると話している。

「今、F1は成功している。これはわれわれのスポーツにとって非常に重要なときなのだ」とブラウンは述べた。

「F1はしばらくの間、財政面で持続可能性に欠けていたし、事を起こさなければF1とそこに参加するものの未来にリスクを与えていただろう。そして、F1とその参加者たちにこそ、この問題を正しく、決然と解決していくことが託されている」

「各チーム間でのより均等な収益分配と呼応し、統一されたバジェットキャップはより激しい競争を生み、TV観戦を望むものを増やし、各チームとこのスポーツに長期的な財政面での安定性を支持するだけの持続的な収入を促進する。最終的にファンに益があるわけで、ファンに益があるならスポーツ全体にとっての利益となる」

© ESPN Sports Media Ltd.