News

  • F1

次のバーチャルGPはクリケット選手と5人のF1ドライバーが対戦

Me
2020年4月2日 « イギリスGPは決断の期限を4月末に設定 | 公約通り丸刈りになったノリス »
© Marco Canoniero/LightRocket via Getty Images
拡大

イングランドの国際クリケット選手ベン・ストークスが、フェラーリのシャルル・ルクレールを含む5人のF1ドライバーたちとともに今週末のF1 Eスポーツ・バーチャルGPに参戦することになった。

シーズン最初の8戦目までが全て新型コロナウイルスのパンデミックによって延期か中止されたことを受け、F1は本物のグランプリに代わってeスポーツのレースを開催すると発表した。シリーズはできる限り多くの現役F1ドライバー参加を目指しており、残りのバーチャルグリッドをスポーツ関係者、セレブレティや『YouTube(ユーチューブ)』のスターで埋める計画だ。

初開催となるはずだったベトナムGPに代わって行われる今週末のレースには、ストークスと並んでルクレール、レッドブルのアレキサンダー・アルボン、ウィリアムズのジョージ・ラッセル、マクラーレンのランド・ノリスとウィリアムズのニコラス・ラティフィが走ることになった。元F1ドライバーで2週間前のバーレーン戦を13位でフィニッシュしたジョニー・ハーバートも2度目のeスポーツレースに挑む。F1は今後も随時、新たな参戦者を発表するとしている。

最新版の公式F1ゲームにベトナムのサーキットは入っていないため、レースは開幕戦となるはずだったオーストラリアのアルバート・パークを使って行われる。F1がeスポーツでシリーズを開始したのは2週間前のバーレーンの週末からだったため、アルバート・パーク・サーキットを使ったバーチャルレースはまだ開催されていない。

開始は5日(日)の英国標準時午後8時(日本時間6日の午前4時)からで、予選セッションと28周の決勝レースが開催され、ユーチューブ、『Facebook(フェイスブック)』、『Twitch(ツイッチ)』で配信される。

「F1 Eスポーツ・バーチャル・バーレーンGPが大成功に終わり、われわれは今週末、再びオンラインでファンにレースアクションをお届けできることに興奮している」とF1eスポーツ部門責任者のジュリアン・タンは述べた。「過去と現在のF1スターたち、そしてスポーツとエンターテインメントのビッグネームが並ぶスターぞろいのグリッドが形成されつつある」

「この難しい時期を皆で乗り切るために、eスポーツを通じて気分が明るくなるものを人々に提供したい。ファンはいつもと違うが、なじみある方法でスポーツに関わることができる」

初のF1バーチャルGPは各配信元を合計して35万人以上が視聴し、ノリスの個人的ツイッチフィードではスタート前にゲームへの接続が切れてしまったにもかかわらず、同時視聴者数10万人の新記録をたたき出した。バーレーン戦に参加した現役F1ドライバーはノリスとラティフィだけだったが、今週末はルクレール、アルボンとラッセルが初参加となる。

© ESPN Sports Media Ltd.