News

  • イギリスGP

イギリスGPは決断の期限を4月末に設定

Me
2020年4月1日 « 年内の2022年向け開発は禁止 | 次のバーチャルGPはクリケット選手と5人のF1ドライバーが対戦 »
© Peter J Fox/Getty Images
拡大

2020年F1シーズン最初の8戦は新型コロナウイルスのパンデミックにより延期または中止されている。しかし、F1は安全が確認され次第、残りの期間を使って15から18戦を開催したいと考えている。

できる限り多くのレースを詰め込むために既存のカレンダーは破棄される可能性が高いが、シルバーストーンはまだ当初の日程での開催についてF1と話し合っている最中だ。

テニスのウィンブルドン選手権やゴルフの全英オープンといったイギリスの他のスポーツイベントが近いうちに何らかの発表をすると見られる中、シルバーストーンはイギリスGPの運命を決するまでの時間は4月末まで残されていると主張した。

「シルバーストーンとF1は引き続き現状に関して緊密な対話の最中にあり、イギリスGPを7月17日(金)から19日(日)に実施できるかどうかの可能性を評価している」とサーキット側は声明を出した。「イギリス国内の他のスポーツイベントがそれぞれの結論を下したことについては十分に理解しているが、彼らのロジスティクスや競技のアレンジメントがシルバーストーンとは異なることを強調する必要があり、われわれが最終決定を下すための期限は4月末ということになる」

「ファン、仲間たちとF1コミュニティー全体の安全がわれわれのプライオリティーであり、引き続き適切な関連当局と連携を図っていく」

今のところの開幕戦となっている6月14日(日)のカナダGPからはまだ延期とも中止とも発表はされていないが、12日(日)のイースターの週末までには続行かそれ以外かの判断がなされる予定だ。

カナダGPも予定変更となった場合は6月28日(日)のフランスGPが次の開幕予定日となるはずであり、オーガナイザーは可能な限り判断を遅らせようとしている。

「基本的には6月20日(土)まではキャンセルかどうかの判断を引き延ばせる」とフランスGPのマネジングディレクターを務めるエリック・ブーリエは『Racer(レーサー)』に語った。

「だがオペレーション的にはどこかの段階でキャパシティーを縮小しなければいけないかもしれない。例えばグランドスタンドをさらに設置するような時間はもうなくなっているだろうからね。だからそれだけは制約となるが、われわれに正確な期限はない、と言っておこうか」

F1はこれまでも安全が確認され次第レースを始める考えを強調しており、延期や中止によってどこかがなくなったとしても、既存のカレンダーにある日程だけが開幕予定日ではないとしている。

チームたちの同意を得て、F1とFIAはカレンダーを自分たちが適切と考える形に組み替えることができる力を得た。事前承認や、2日間の短縮開催にするといったレース週末の構成変更についても60%のチームが賛成すれば良いことになった。

© ESPN Sports Media Ltd.