News

© Charles Coates/Getty Images
拡大

6月中旬に開催が予定されているカナダGPのオーガナイザーは、レースを延期や中止にする場合の判断を4月11日(土)か12日(日)までには決めなければならないとしている。

F1シーズン最初の8戦は新型コロナウイルスのパンデミックによって延期または中止された。そのうちの1つであるモナコGPはオーガナイザーの要請により、中止が決定している。

そのため、今のところ暫定的な開幕戦となっているのが6月14日(日)のモントリオールだ。モナコとアゼルバイジャンのような市街地レースとは違い、カナダは半常設サーキットのため、設営のためのリードタイムは少なくて済む。

「イースターの週末(4月11、12日)までに決断しなければならない」とカナダGPのプロモーター、フランソワ・デュモンティエは述べた。「それまでに状況が改善していれば、スケジュール通りにサイトを用意できる」

彼は付け加えた。「市街地の中を走り、コースを設営しなければならないモナコやバクーに比べるとわれわれは恵まれている。コースはそこにあるのだからね。楽観的ではあるが、刻一刻と状況が変わっていることも承知しているので、現実的な考えも持っている」

F1のチェイス・ケアリーCEOは今週、今でも2020年に15から18戦のレースを開催したいと考えていることを明らかにした。ただし、レースカレンダーはシーズン前に発行されたものとは大きく変わることになるだろう。6月に何らかのレースを開催しようと思うなら、条件としてF1の全10チームが拠点を置くヨーロッパからの渡航制限が緩和される必要がある。

元の日程で開催できなかった場合、デュモンティエはレースの中止ではなく延期を考えると述べたが、代替開催が可能な日程は限られているという。

「現在のF1カレンダーは完全に忘れ去る必要がある。各国が日程を変更する。われわれは一定の譲歩、適応を迫られるだろう」

「ご存じの通り、11月のモントリオールでカナダGPを開催することはできない。可能な数カ月の内でなくては・・・夏の終わりか、秋の初めで話し合うことになるだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.