News

  • ルイス・ハミルトン

ハミルトン、隔離要請を無視する人々は「無責任で身勝手」

Jim
2020年3月23日 « アゼルバイジャンGPが延期に、カナダも可能性あり | 今なお15戦から18戦の開催を見込むF1 »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

ディフェンディングチャンピオンのルイス・ハミルトン(メルセデス)は世界的な感染拡大が報じられている新型コロナウイルスに関連して、自主隔離の要請を無視している人たちを非難した。

先週末にはソーシャルメディアで自主隔離中の自らの健康状態が良好であること、新型コロナウイルスの症状が出ていないことを明かしていたハミルトン。今月4日(水)にはイギリスの俳優イドリス・エルバや、カナダのテレビ局のレポーターとして参加していたカナダ首相の妻ソフィー・グレゴワ・トルドー夫人とともにロンドンで行われたイベントに出席しており、エルバ氏やトルドー夫人は後に新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出ていることが判明している。

23日(月)朝、ハミルトンは『Instagram(インスタグラム)』でパンデミックのさなか仕事に尽力する世界中の医療従事者や店舗で働く人々をヒーローだと称えた。さらに、複数の国々で通常通りの生活を送る人々についても言及したハミルトンはこうつづっている。

「世界中でたくさんの人々が亡くなっていると聞いて本当に悲しい。この状況がなぜ起きたのか、どうしてこうなったのか、僕らの中にその知識を持つ人はそう多くない。僕らが自ら隔離生活を送り、自分が感染してそれを拡大しなくてすむようにする以外、僕らにできることはないんだ」

「今でもクラブやバーに出かけたり、大規模な集会に行ったりしている人がいる。そういうのは、僕個人として、ものすごく無責任だし身勝手だと思う」

「僕は毎日、家族の安全を願っているけど、みんなのことも祈っている。自分たちの健康を危機にさらしながらも、他のみんなを助けて国が走り続けられるようにと、地元の店で働いている人、デリバリーの人、お医者さん、看護師さんたちのことを祈っている。彼らはヒーローだ。みんな、どうか安全に」

「もし可能なら、この機会に自分の生活や状況と向き合ってみたらどうかな。これから良くしていくためになにか変えたくなるかもしれない。今回のことで、健康がもっと価値のあるものだと気づいてくれる人が増えるといいなと思う。自分自身をケアすること、自分の体にどういうものを入れているのか、そういうことが重要でウイルス予防策になるってことを分かってもらえたらいいと願う。それを当然のことだと思おう。これ以上進まないことを願っている」

© ESPN Sports Media Ltd.