News

© Mark Thompson/Getty Images
拡大

F1は5月に開催予定だった3戦の延期を決定した。オランダ、スペインとモナコの3つのグランプリだ。

シーズンの開幕は新型コロナウイルスのパンデミックを受けてどんどん先延ばしされている。オーストラリア、バーレーン、ベトナム、中国の最初の4戦はすでに延期が決まっていた。5月のレースについても、到底予定通りの開催はできない状況だったが、やはりその通りとなった。

F1が発表した声明には次のように書かれている。「世界的な新型コロナウイルスの拡大状況とその流動性を鑑みて、F1、FIAと3つのプロモーターはこの決断を下した。われわれの最大の関心事は、移動するスタッフ、チャンピオンシップの参加者、そしてファンの健康と安全を守ることにある」

「F1とFIAは影響を受けたプロモーターおよび地元当局と密接に協力して状況の監視を続け、状況が改善した際には各グランプリの振り替えの可能性について適切な時間をかけて検討していく」

オランダGPについては改めてスケジュールに再編されそうだが、スペインでの2020年のレース開催は厳しいかもしれない。サーキットを作るための準備を考えると、モンテカルロのモナコGPも難しそうだ。

モナコは1955年から欠かさずF1カレンダーに名を連ねてきた世界3大レースの1つ。1950年にも世界選手権レースが開催された。

F1はこれまで、5月末にシーズンをスタートしたい意向を示していたが、この発表により、現段階でのスタート地点は6月7日(日)のアゼルバイジャンGPということになった。

この日の声明の中でF1は"安全が確認され次第、可能な限り早く"シーズンをスタートしたいと述べている。

© ESPN Sports Media Ltd.