News

© TOYOTA GAZOO Racing
拡大

新型コロナウイルスのパンデミックにより、伝統レースのひとつ、ル・マン24時間耐久レースが6月13日(土)から14日(日)の日程を変更し、9月19日(土)から20日(日)に開催されることになった。

多くのスポーツイベントが延期を発表していく中、18日(水)にレースオーガナイザーのフランス西部自動車クラブ(ACO)が延期を発表した。

9月に変更されたル・マン24時間の新たなタイムテーブルと同様に、世界耐久選手権(WEC)の他のレースに与える影響についても、後日、発表される予定だ。

ACO会長のピエール・フィロンは声明の中で「当初、6月13日から14日に予定していた2020年ル・マン24時間を延期することは、今日にわれわれが直面している重大な健康状況において適切な解決策だと思っている。言わずもがな、われわれは自分たちのイベントの安全性と品質を確保するため、あらゆる努力を講じていく」とコメントしている。

「まず、皆さんにはご自身はもちろん、ご家族や他の方々に対する一切のリスクを犯していただかぬようお願いする。今はこのウイルスの感染拡大を止めることが問題だ。また、われわれの健康を守るために懸命に働いてくれている医療従事者の方々に心より感謝申し上げる」

「コンペティター、パートナー、ファン、メディア、医療関係者、オーガニゼーション、チーム、マーシャル、全員がワンチームとなって取り組んでいる」

© ESPN Sports Media Ltd.