News

  • バルセロナテスト - レーシング・ポイント - 2日目

145周を走破したペレスが2番手タイム

Jim
2020年2月21日 « 忙しくテスト作業に励んだガスリー | 「昨年に比べたら前進している」とライコネン »
© Rudy Carezzevoli/Getty Images
拡大

20日(木)、プレシーズンテスト2日目のプログラムに取り組んだレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスは145周を走破して2番手タイムを記録した。

セルジオ・ペレス

「今日はかなり走り込んで650km以上を走破したし、テストの日数が限られていることを考えれば走り込みが最優先事項だ。ここから数日でやるべきことはまだたくさんあるけれど、いいペースもあるし、信頼性もいいし、適切な道を進んでいると思っている。オーストラリアに向けた準備を続けていくから、できればランスが走る明日もチームがいい1日を過ごしてくれればとうれしい。まだ始まったばかりだけど、堅実なベースだと思うし、序盤のレースやシーズン開幕に向けて取り組んでいくべきことは分かっていると思う」

トム・マッカラ(パフォーマンスエンジニアリングディレクター)

「昨日の初日はポジティブなスタートとなり、バルセロナでの走行2日目も非常にポジティブだった。まだRP20を学んでいるところであり、午前中にパフォーマンスの走行に集中した後、午後にはロングランに焦点を当てた。今日に予定していた徹底的なテストプランを完了でき、学習プロセスを続けていく上で確認すべき多くのデータを得ている」

© ESPN Sports Media Ltd.