News

  • F1

ウィリアムズ、ルノー、ハースF1がシェイクダウン完了

Jim
2020年2月17日 « ウィリアムズが新車FW43を発表 | 新車RP20にピンクのカラーリングを継続したレーシング・ポイント »
© Williams Racing
拡大

F1サーカスがプレシーズンテスト開始を2日後に控えた17日(月)、ウィリアムズ、ルノー、ハースF1がカタロニア・サーキットで2020年型マシンの初走行に臨んだ。

3チームは19日にスタートする冬季テストを前に、カタロニア・サーキットのガレージから新車を登場させ、シェイクダウンを完了。

ウィリアムズは2020年型マシンの画像を初公開した直後にFW43をコースに送り出している。すでにオンラインで新車の画像をお披露目していたルノーとハースF1を合わせ、3台が一堂に会するのは今回が初めてだ。ウィリアムズとハースF1は新シーズンに向けたカラーリングを施して姿を見せたが、ルノーはテストにブラックカーを使用することになっている。

ウィリアムズはタイトルスポンサーである『ROKiT』のブランドカラーである赤と黒が加わった新しいカラーリングを採用し、ハースF1は昨季に短期間のみタイトルスポンサーを務めた『Rich Energy(リッチ・エナジー)』離脱に伴い、もともとのカラーリングに戻している。

各チームは1シーズンあたり2日間の撮影日を割り当てられており、撮影日の走行距離は100kmに制限されている。レッドブル、メルセデス、アルファロメオ・レーシング、アルファ・タウリ、マクラーレンは先週にそれぞれが撮影日としてシェイクダウンを終えた。

© ESPN Sports Media Ltd.