News

  • ウィリアムズ

ウィリアムズが新車FW43を発表

Jim
2020年2月17日 « 新車AT01を公開したアルファ・タウリ | ウィリアムズ、ルノー、ハースF1がシェイクダウン完了 »
© Williams Racing
拡大

ウィリアムズは2020年代に突入するにあたり、チームのカラーリングテーマを変更した。

2019年シーズンはわずか1ポイントの獲得にとどまり、史上最低の成績に終わったウィリアムズが17日(月)にオンラインで2020年型マシンを公開。2日後の19日からは冬季テストがスタートする。

マシンのサイドポッドはタイトルスポンサー『ROKiT』のブランドカラーの割合が増えており、青と白のウィリアムズカラーに赤色が加わっている。ROKiTは昨年、ウィリアムズへの支援を開始し、シーズン半ばには契約延長を締結した。

2019年のプレシーズンテストはマシンの準備が間に合わず、序盤2日間を欠席したウィリアムズ。ようやくライバルたちに合流を果たしたものの、昨季のFW42はダウンフォースが不足しており、他チームから1秒以上遅れることも多かった。

とはいえ、今年はすでに1年前よりも改善を遂げている。ウィリアムズはすでにカタロニア・サーキットで撮影日に臨み、新車を走らせているのだ。

副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズはチームが2020年を立て直しのチャンスと見ていることを明かした。

「チームにとって今年はフレッシュなスタートです。弱点だった部分への対応に時間をかけ、コンペティティブなレースカーを生み出すために適切な人材、体制、手順、リソースを確実にしてきました」

「私たち全員がウィリアムズの立て直しに注力しており、チームを競争の中に戻すことに全力を投じています。このように、われわれの2020年シーズンは進歩を遂げています。ファイティングスピリットは今も非常に強く生きていますし、今年もしかり、自分たちが望んでいる場所に戻れるまで戦い続けるつもりです」

しかしながら、デザインディレクターのダグ・マッキアナンはマシンのデザインコンセプトが根本的に変更されていないことを明かしている。

「ファクトリーのチームは2020年シーズンに向けてマシン開発を本当に必死にがんばってきた。FW42の問題部分を理解するためにとてつもなく多くの注意を払ってきたし、開発するマシンパーツも慎重に選んできた。われわれの持つリソースにおいて最もパフォーマンスをもたらしてくれるであろうものを選んでいる」

「FW43の主なコンセプトはFW42を継承した開発であり、レイアウトに関しては根本的なコンセプトに変更はない。われわれが正しい方向に進んでいるという最も重要なサインはマシン設計に使用したツールキットとコースデータから分かるものとの相関レベルということになる」

「風洞施設では健全な開発率を達成しており、効果的なクーリングという点ではまずまずの改善を見いだしている。チームは2019年に影響を及ぼしていたブレーキや全体的なマシンのウエイトなど、メカニカル問題を解決した。それらのエリアを通して良い進歩を遂げており、シーズン中もそこに集中していくつもりだ」

© ESPN Sports Media Ltd.