News

  • メルセデス

ハミルトンがオーストラリア森林火災に3,800万円の寄付

M.S.
2020年1月10日 « アロンソ、アンドレッティとインディ500の契約間近か | F1、皮膚反応を測定してファンの興奮度を測る実験も »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

メルセデスのルイス・ハミルトンがオーストラリアの森林火災に対するチャリティー活動を支持すべく50万オーストラリアドル(約3,800万円)を寄付する。

ワールドチャンピオンであるハミルトンはソーシャルメディアを通じて寄付を発表する中でオーストラリアに向けて"戦い続ける"よう呼びかけた。ハミルトンの投稿にはコアラが救助される模様の動画が含まれている。

ハミルトンが提供する資金は消防隊と動物チャリティーに分配される。

この森林火災によって6,400万ヘクタールの土地が影響を受けており、ニューサウスウェールズ州で1,300戸以上が失われた。

ハミルトンは『Instagram(インスタグラム)』で「オーストラリアで10億以上の動物たちが苦しみの中で死んでいったことを知り、深い悲しみに襲われている。炎に追いつめられ、彼らのせいでもないのに」とつづっている。

「僕の動物愛はみんなが知っていることだし、これまで守るすべなく死に追いやられ、一部の種は絶滅寸前になっていると考えられる動物たちのことがどうしようもなく悲しい」

「僕は幸運にもよくオーストラリアを訪問していて、どんなに美しい国かを直接の体験として知っている。戦い続けよう、オーストラリア。オーストラリアでこの事態の中心で働いている人々といくばくかの時間か話し、彼らのやっているすべてのことに対する称賛の気持ちがあふれた」

「僕と一緒に、僕たちがこの星に与えているインパクトについて考えてほしい。一緒に小さな変化から始め、家族や友人に同じことを勧めよう。僕らが進んでいる方向を変えられるように」

ハミルトンが寄付を発表する以前には、オーストラリア出身のダニエル・リカルド(ルノー)も3月に開催されるオーストラリアGPで使用するレーシングスーツを慈善くじの賞品とすると明かしている。

© ESPN Sports Media Ltd.