News

  • ベトナムGP

ベトナムGPがコースレイアウトを変更

M.S.
2019年12月12日 « F1チーム、現行タイヤ継続で合意 | ウォルフのF1 CEO就任には反対の姿勢を示すフェラーリ »

ベトナムGPが2020年に同国で初めてのF1レースを開催するハノイ・サーキットのレイアウト変更を発表した。

コーナー数が22から23に増えており、最終セクターの連続ターンが変更された。サーキットが発行したプレスリリースによれば"新しいターン23はまっすぐ左に向かうコーナーであり、そこからコースは再び15メートルに広がって、ドライバーたちが来年3月にF1史上初めてハノイでレースする際に最後のプッシュを行うスタート/フィニッシュラインにつながる"とのことだ。

「ベトナムGPが2020年のF1デビューに先駆けて変更したレイアウトを発表。左が旧レイアウト、右がターン23に向かう最終シークエンスが変更された新レイアウト」

ベトナムでは2020年4月5日(日)に第3戦の決勝レースが行われる。ミーディン国立競技場の近くを通るハノイのサーキットにかかわる作業はすでにスタートしている。

© ESPN Sports Media Ltd.