News

  • フェラーリ

ルクレール車の違反でフェラーリに600万円の罰金

Jim
2019年12月2日 « ルクレール、最終戦を「表彰台で飾れて良かった」 | DRSトラブルはサーバーのクラッシュが原因 »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

アブダビGP決勝レースに出走したシャルル・ルクレールのマシンに5kgの燃料に関する不正行為があったとしてフェラーリに5万ユーロ(約600万円)の罰金が科せられた。

レースに先だってダミーグリッドに向かったルクレールのマシンについて、フェラーリの代表者はレース後にスチュワードの元に向かうよう指示を受けていた。

呼び出しの声明には「ピットレーンを出発する前にカーナンバー16の申告された燃料量を確認した。チームの申告と、実際にマシンに搭載された燃料量には大きな違いがあった」と記されている。

これを受けて、レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーはルクレールのマシンがレースから除外されるのではないかと予想していたが、レースが終了して約1時間後にフェラーリの話を聞いたスチュワードはレース結果に影響を与えるペナルティではなく、罰金に処すと決断した。

スチュワードの裁定文では「チームはグリッドに向かう数ラップ、フォーメーションラップ、レース、インラップ、エンジン点火に必要と想定される分としてマシンに搭載する予定の燃料量を申告することが求められている」と技術指南に言及されている。

「技術部門代表者はタンクに入れられた燃料をTD/014-19で指定された手順にしたがって確認したことを認めている。チームがカーナンバー16に申告した量と、技術部門代表者の測定した量には4.88kgの誤差があった」

今回の裁定により、ルクレールの3位が確定し、アブダビGP決勝レースの結果はチェッカーフラッグが振られたときと変わらない。

© ESPN Sports Media Ltd.