News

  • ブラジルGP - ハースF1 - 予選

予選の好結果をレースに生かしたいハースF1

Jim / Me
2019年11月17日 « スタートに集中するフェラーリ | ハミルトンに5秒ペナルティ、サインツが3位に »
© Robert Cianflone/Getty Images
拡大

16日(土)、シーズン第20戦ブラジルGP予選に挑んだハースF1のロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンはそろってQ3に進出し、8番手と10番手につけた。

予選4番手だったフェラーリのシャルル・ルクレールがエンジンペナルティで10グリッド降格処分を受けるため、ハースF1勢は2人ともグリッドがひとつ繰り上がる予定だ。

土曜フリー走行はマグヌッセンが14番手、グロージャンは16番手に終わった。

ロマン・グロージャン

「チームが本当によくがんばってくれた。2台そろってQ3進出は信じられない。明日はもしかしたら違ってしまうかもしれないけど、それは関係なしに、今日は満足していいと思う。最後のフリー走行では本来のスピードをちゃんと発揮できていなかった。11番手くらいになれる自信はあったけどね。でも、Q2が本当にうまくいって、Q3も悪くなかった。ベスト・オブ・ザ・レストと比べて0.02秒しか違わない。チームのことを思うとうれしいし、みんなが本当に最高の仕事をしたと思っている」

ケビン・マグヌッセン

「またQ3に2台そろって進めてよかった。今週末は戦えそうな感じがしているから、それについては本当にうれしい。今日はがっかりするところが何もない。このサーキットもコンディションも僕らのマシンに合っていた。今年はかなりアップダウンが激しいから、こうなっても驚きはないけどね。レースではタイヤのマネジメントに少し苦戦しているから、明日きっちりやり遂げられる方が驚くかも。もちろん、それを実現するために全力を尽くすよ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「FP3はタイムシート上では良く見えなかったかもしれないが、今日は自分たちに何が可能か分かっていた。予選ではチーム全体とドライバーたちが素晴らしい仕事をしてクルマの全てを引き出したと思う。見事な予選セッションであり、素晴らしいドライブも見られた。チームにとって良かったよ。このために全員が懸命に働き、決して諦めなかった。われわれは戦い続ける。今日は良いリザルトだった。明日は何かを成し遂げたいね。もちろん、そのためにトライする」

© ESPN Sports Media Ltd.