News

  • レッドブル

アルボンがレッドブル残留、トロ・ロッソコンビ続投

Jim
2019年11月12日 « 2019年の転換点を振り返るボッタス | F1現役ベストドライバーはフェルスタッペンだとアロンソ »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

レッドブルはアレキサンダー・アルボンが2020年シーズンのマックス・フェルスタッペンの相棒を継続すると発表した。

アルボンは今年、トロ・ロッソからF1デビューを果たした後、夏休み中にピエール・ガスリーと交代する形でレッドブルへの昇格が決まる。レッドブルはこの交代劇について、フェルスタッペンの隣で2人の若手ドライバーを評価するためだと説明していた。

レッドブル加入後、躍進を遂げるアルボンは夏休み明けのすべてのレースでトップ6入りを果たしている。

これに伴い、トロ・ロッソの来季ドライバーラインアップも公表され、ガスリーがダニール・クビアトのチームメイトとして残留することになった。ガスリーは2019年シーズンに先だってレッドブルドライバーになるチャンスを得たが、思うような結果を残せていない。

レッドブルを率いるクリスチャン・ホーナーはドライバー交代以降のアルボンのパフォーマンスを踏まえれば、今回の決断は容易なものだったと明かしている。

「アレックスはベルギーでこのチームでのデビューを果たして以来、非常に素晴らしいパフォーマンスを見せており、7レースでのトップ6フィニッシュという彼の結果がそれを物語っている。その一貫性レベルを否定することは非常に難しく、粘り強くてすさまじく献身的なレーサーとして評価を高めるとともに、アレックスはアストンマーティン・レッドブル・レーシングと共に成長し続けるに完全に値することを証明している」

トロ・ロッソでキャリアの再構築を目指すことになったガスリーは、降格によって表彰台や優勝を狙えるポジションを失ってしまったものの、古巣に戻って以降は調子を上げている。

レッドブルはHondaとのパートナーシップを強化し、来シーズンにはチャンピオンシップ挑戦をより一層コンスタントに進めていきたいと願っている。

レッドブルとトロ・ロッソのラインアップが確定したことにより、フルラインアップを決めていないチームはウィリアムズだけとなった。すでにロバート・クビサが今季末でチームを離れることは明かされており、来年はカナダ出身のF2ドライバーであるニコラス・ラティフィがジョージ・ラッセルのパートナーを務めるのではないかと言われている。

© ESPN Sports Media Ltd.