News

  • ルノー

ルノー、規約違反で日本GP失格

Jim
2019年10月24日 « F1が欧州6カ国でメキシコGPを無料配信 | ルノーは失格の裁定に控訴せず »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

違法なドライバー補助装置を使用したとして、先ごろ行われた日本GPからルノーが失格となった。

2週間前に鈴鹿サーキットで開催されたレースを終えて、ライバルチームであるレーシング・ポイントがルノーマシンに搭載されていたブレーキバイアス調整装置の合法性に関して異議を申し立てた。オンボード映像に基づき、レーシング・ポイントはルノーのブレーキバイアスがドライバーのインプットなしに変化していたと指摘しており、ドライバー補助装置を非合法とするスポーティングレギュレーション第27条1項に違反していると主張。

ルノーのステアリングホイールと電子制御装置(ECU)が日本で押収され、レーススチュワードが両チームの主張をFIA技術部門に提出していた。両チームがさらなる証拠をメールで提出した後、FIAは22日(火)に、ルノーのシステムはF1テクニカルレギュレーションにおいてグレーゾーンであるものの、ドライバーが補助を受けることなく自力でマシンをドライブしなければならないと定めたスポーティングレギュレーション第27条1項に違反しているとの結論を下している。

裁定の結果、鈴鹿で6位フィニッシュしていたダニエル・リカルドと10位だったニコ・ヒュルケンベルグはいずれも失格となり、2人のドライバーがトップ10に入っていたルノーにとっては合計9点を失うことになるが、メキシコシティで現地24日(木)午前10時までに控訴することは可能だ。

ルノーのIP(知的財産)を侵害せぬようシステムが機能する方法に関しては詳細が明かされていないものの、スチュワードはこのシステムが「ドライバーがラップ中に複数回の調整を強いられることがないよう、ドライバー補助装置として機能」していたことを突き止めたと説明。こういったシステムはドライバーがストレートでステアリングホイールの変更操作をする必要がなく、ブレーキングシステムの照準を完璧に次のコーナーに合わせられる利点がある。

しかしながら、スチュワードは当初、異議申し立てで主張されていた「事前設定済み、かつ、ラップ距離依存型」のシステムではなかったと付け加えており、ルノーが「テクニカルレギュレーションおよびその他の関係書類における特定の両義性を生かす革新的なソリューション」を使用していたとも言及している。つまり、スポーティングレギュレーションには違反しているが、「ルノーのシステムはテクニカルレギュレーションに違反していない」とのことだ。

また、スチュワードはルノーに対する処分が昨今の規約第27条1項違反よりもシビアなペナルティだと述べているが、日本GP失格とする結論を下すにあたり、関連する利益が「具体的に評価」されたとしている。

F1サーカスは今週末にグランプリが開催されるメキシコシティを訪れており、ヨーロッパとの時差を考慮し、スチュワードの裁定に控訴する場合の期限は通常よりも長く確保されている。

一方、ルノーは裁定が公表されてほどなく声明を発行し、「スポートペサ・レーシング・ポイントF1チームによってなされた日本GPにおけるルノーF1チームのブレーキングシステムの合法性を問う異議申し立てに関して、ルノーF1チームは日本GPスチュワードの判断を確認している」と述べた。

「FIAはこのシステムがFIAテクニカルレギュレーションにおいて完全に合法であるとの見解でルノーに同意したものの、スチュワードがドライバー補助装置に関してFIAスポーティングレギュレーションに違反したシステムだと判断した。ルノーの2台は日本GPから失格となり、チームは獲得していた9点を失う」

「しかしながら、ひとつのシステムをドライバー補助装置とする条件の主観性、および、昨今のケースに対する可変的なペナルティを踏まえ、ルノーF1チームはFIAによって計画されたスケジュールの範囲内で次に取る行動を検討する」

© ESPN Sports Media Ltd.