News

  • ジェンソン・バトン

フェルスタッペンがF1史上最速のドライバーだとバトン

M.S.
2019年10月18日 « ルクレールに初めてのペナルティポイント | オワードがレッドブル育成を離脱 »
© Behrouz MEHRI / AFP
拡大

レッドブルのマックス・フェルスタッペンがF1史上最速のドライバーだと2009年の王者であるジェンソン・バトンが語っている。

「彼がこれまでF1マシンをドライブした中で一番速いドライバーだと思う。本当にね」とバトンはラジオ番組『talkSPORT(トークスポーツ)』でコメントした。

「彼は信じられないくらい速いと思う」

22歳のフェルスタッペンは過去数年間でブレークした新星の一人であり、17歳にして最年少デビュー記録を更新。18歳で最年少レースンナーとなった。

現在ランキング4位につけているフェルスタッペンは、まだ選手権制覇が可能なマシンを与えられたことがない。とは言え、それに値するドライバーだとバトンに確信させるだけのことはやってきた。

「今年になるまでは彼はいくつか若いドライバーらしいミスをしてきたけれど、今はこんなにもファンタスティックな仕事をしている。僕は心から、彼は特別だと思う」

バトンの元チームメイトであるルイス・ハミルトンは6度目のワールドタイトルに向かって巡航モードに入っており、10月27日(日)開催のメキシコGPで王者となる可能性もある。

ハミルトンの所属チームであるメルセデスは、すでに日本GPで6度目のコンストラクターズ選手権制覇を遂げた。

ハミルトンがこれまでで最高のチャンピオンか聞かれたバトンは「彼はとても優秀。僕らは3年間チームメイトだったから、彼がどんなに優れているかはすぐそばで見ることができた。彼の才能はファンタスティックだよ」と答えている。

© ESPN Sports Media Ltd.