News

  • F1

メキシコでハミルトンの王者決定の可能性

Jim
2019年10月15日 « 詳細分析のためルノーのパーツ押収 | 地球環境を憂うハミルトン、人々にビーガン転向を勧める »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

日本GP決勝レースを3位で終えたメルセデスのルイス・ハミルトンが6度目の世界選手権制覇に近づいている。次戦メキシコGPにも達成するかもしれない。

ドライバーズ選手権でハミルトンとタイトルを争っているのはすでにチームメイトのバルテリ・ボッタスだけになっており、鈴鹿でトップチェッカーを受けたボッタスとチャンピオンシップリーダーであるハミルトンの点差は64点、残り4レースで獲得可能なポイントは最大104点だ。

メキシコGP終了後にはそれが78ポイントとなるため、メキシコシティでハミルトンのリードが78点以上あればチャンピオンが確定する。ボッタスが残りレースをすべて優勝したとしてもシーズン通算7勝にしかならず、同点でもすでに9勝しているハミルトンが王者となるのだ。

つまり、ハミルトンは事実上、チームメイトに対して少なくとも14ポイント多く獲得すれば戴冠することになり、メキシコGPでタイトルを決めるには表彰台フィニッシュが必須条件だ。

F1のポイントシステムは1位から10位までに入ったドライバーにポイントが与えられ、順に25点、18点、15点、12点、10点、8点、6点、4点、2点、1点となる。また、今年はトップ10ドライバーの中でレースのファステストラップを記録した者に1点が付与される。

11月3日(日)に決勝レースが予定されているシーズン第19戦US GPにタイトル争いがもつれ込む条件は以下の通りだ。

◆ハミルトンが優勝し、ファステストラップを記録した場合、ボッタスは3位以上でフィニッシュしなければならない。
◆ハミルトンが優勝し、ファステストラップを記録しなかった場合、ボッタスは4位以上でフィニッシュしなければならない。
◆ハミルトンが2位だった場合、ファステストラップ記録の有無にかかわらず、ボッタスは7位以上でフィニッシュしなければならない。
◆ハミルトンが3位かつファステストラップを記録した場合、ボッタスは8位以上でフィニッシュしなければならない。
◆ハミルトンが3位だった場合、ファステストラップ記録の有無にかかわらず、ボッタスは9位以上でフィニッシュしなければならない。

4位に与えられるポイントが12点であるため、たとえボッタスがレースをフィニッシュできなかったとしてもハミルトンが表彰台に上れなければタイトル決定は次のレースに持ち越される。

タイトルが決まれば、ハミルトンはチャンピオン回数ランキングにおいて単独2位に躍り出る。現在もハミルトンはランキング2位につけているが、1950年代に5度のタイトルを手に入れたファン・マヌエル・ファンジオと並んでいるため、2位タイとなっている。

2019年シーズンを制覇すれば、ハミルトンはあと1回の年間王者に輝くことで史上最多タイトルの記録を持つミハエル・シューマッハに肩を並べることになる。

© ESPN Sports Media Ltd.