News

  • フェラーリ

ルクレールに2つの処分で15秒加算

Jim
2019年10月13日 « ピレリ、戦略が大きく分かれたレース | クビサ、マシンを間に合わせてくれたチームに感謝 »
© Behrouz MEHRI / AFP
拡大

フェラーリのシャルル・ルクレールが日本GP決勝レースを終えて2つのタイムペナルティを受け、最終結果が6位から7位に降格となった。

レースを終えたルクレールはオープニングラップで発生したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とのインシデントについて説明するため、スチュワードの元を訪れている。ルクレールはターン2でフェルスタッペンのマシンに突っ込んでおり、最終的にこの接触で受けたダメージが原因でリタイアを喫したフェルスタッペンはルクレールの行動を「無責任」と非難した。

フェルスタッペンとの一件で5秒のタイムペナルティが科せられたルクレールには、さらなるペナルティが待っていた。

1周目のクラッシュでルクレールのフェラーリマシンはフロントウイングのエンドプレートが損傷しており、FIAはルクレールをピットに入れてフロントウイングを修復するようフェラーリに要請していたにもかかわらず、フェラーリがこれを無視したとしてルクレールに10秒のタイムペナルティが加算されたのだ。ルクレールはエンドプレートがぶら下がった状態のまま3周にわたって走行を続け、結局は破裂してデブリを巻き散らかしてしまった。真後ろを走っていたルイス・ハミルトンのメルセデスマシンが影響を受け、右側のミラーにダメージが確認されている。さらに、ランド・ノリスが駆るマクラーレンのブレーキダクトがデブリを拾ってしまい、5番手を奏功していたものの、ピットインを余儀なくされた。

当時、ハミルトンが無線でルクレールにピットインの指示が出ないことを尋ねていた。FIAは安全でないマシンを駆るドライバーをピットに入れるようチームに指示する力を持っており、レース後にはフェラーリが当初、レースコントロールに対してオープニングラップでピットインさせると伝えていたものの、ルクレールのペースに基づいて考えを変更し、ステイアウトさせたことが判明している。

ルクレールのレースタイムに15秒が加算された結果、ルノーのダニエル・リカルドが6位に繰り上がった。

スチュワードの説明によれば、フェラーリはマシンをピットに入れるよう複数回にわたって要請を受けるもそれらを無視したといい、大規模なインシデントを引き起こしかねないリスクを増加させたとのことだ。

「インシデントの後も当該マシンは走り続け、1周目の終わりにピットインしなかった。2周目の間に当該マシンに関する要請が予測され、当該チームはレースディレクターに2周目の終わりにピットに入るよう要請していると伝えた」

「2周目のターン11でフロントウイングの一部がマシンから外れた。そのラップの終盤、ターン14でフロントウイングのさらに大きなセクションがカーナンバー16のマシンから脱落し、カーナンバー16に接近していたカーナンバー44(ハミルトン)が影響を被った。このウイングのパーツはかろうじてカーナンバー44のコックピットエリアへの影響を回避したが、カーナンバー44の右ミラーを破壊した」

「この2つ目のピースが脱落した後、チームは当該マシンがこれで安全な状態になったと考え、事前にレースディレクターに対してピットに呼び入れると通知したにもかかわらず、カーナンバー16に対してステイアウトするよう伝え、ピットに入れなかった。3周目にレースディレクターがチームに対して検査のためにピットにマシンを入れるよう指示している。カーナンバー16は3周目の終わりにピットに入った」

「安全確認のため、ダメージが明らかに視認できていたインシデント発生直後の1周目の終わりにカーナンバー16をピットインさせず、レースディレクターに通知した後にさらに1周を走り続けるようドライバーに伝えたことで、当該チームはサーキット上に危険な状態を生み出しており、かろうじて大規模なインシデントを回避したものの、注意を受けた後もさらなるインシデントが発生する可能性を高めた」

© ESPN Sports Media Ltd.