News

  • シンガポールGP - フェラーリ - 決勝

今季初勝利をマークしたベッテル

Nobu / Me / Jim
2019年9月23日 « 「"タラレバ"の思いが残る」レースとバッサー | 「飛行機代はシンガポール持ちで」と冗談を言うリカルド »
© Lars Baron/Getty Images
拡大

22日(日)、シーズン第15戦シンガポールGP決勝レースに挑んだフェラーリはポールシッターのシャルル・ルクレールがリードを失って2位にとどまるも、逆転したセバスチャン・ベッテルが優勝を遂げ、チームとして3連勝を達成すると同時にシンガポールで初の1-2フィニッシュを成し遂げた。

セバスチャン・ベッテル

「クルマの全てを引き出せなかった昨日に比べると、今日の展開は全て満足だ。そろそろこういうのがないとね! ここ数週間は僕にとって難しい時期だった。でも最終的には状況を好転させられると分かっていた。自分を信じ続けていたし、こことマラネロにいるチームのみんなのおかげで、今日は本来出すべき結果を出せた。新品タイヤに交換するためにいつピットに呼ばれるか、我慢比べをしていた。あんなに長くステイアウトしたのは予想外だったけど、あの決断が決め手になった。目の前がクリアな位置で戻れたし、ライバルたちに追いつくために自分ペースで走れたからね。セーフティカーが出たときには約5秒リードしていた。そこから何度もレースが中断し、2回のリスタートもあったけど、何とか集中を切らさずにミス無く乗り切った。今回勝ったからといって、これからのレースで競争力があるかどうか言うのはまだ早い。ここはモナコのように、誰であれ先頭にいる人がペースを作れる。それからハミルトン(メルセデス)はユーズドタイヤのときは僕たちよりも速いように見えた。つまりレースペースになるとまだまだやることがあるということ。ここに持ち込んだアップグレードはうまく機能して競争力が向上した。僕たちは正しい方向に進んでいるということだよ」

シャルル・ルクレール

「チームとして、ポジティブな週末だった。シンガポールに来た時はそれほど高い期待をしていなかったから、1-2フィニッシュを持ち帰れたのはうれしい驚きだし、チームのハードワークが全部実ったってことだよ。とはいえ、僕はもちろん2位でのフィニッシュに少しがっかりしている。僕らのレースがチームとして最大限のリザルトを狙ったものだったことはよく分かっている。それは達成できたんだから良かったよ。多くのポテンシャルがあるのは分かっているし、残る6戦で最善の仕事をするためにこの方向で仕事を続けていく。今は次のロシアを楽しみにしている」

マッティア・ビノット(チーム代表)

「今日の1-2はわれわれにとって非常に重大だ。スパ・フランコルシャンやモンツァとは全く異なるタイプのサーキットで、別のシナリオで達成したからだ。チームが状況を管理し、戦略もピットストップもうまく対応した。ここに持ち込んだ空力アップデートが良く機能しており、ドライバーのコースに対する自信、タイヤを適切に機能させられたことと相まって、正直、今日は期待以上のものを得られたと思っている。セブはよくやった。彼は勝利にふさわしい! マックス・フェルスタッペンがピットインしようとしていたので、ポジションを守るためにセブを先に入れなければならず、それがセブにとってはハミルトンをオーバーテイクする最大のチャンスだった。加えて、次の周回にはシャルルをピッとさせることが分かっていたので、同じラップで2人のドライバーをストップさせないことが重要だった。このアンダーカットが非常に効果的だった。セブが素晴らしい速さで走り、新しいタイヤをうまく使ってシャルルの前のポジションを手に入れた。これはレースの一部だ。シャルルについては、昨日の見ごたえある予選を経て、堅実かつ一貫したレースを戦ったと思っている。マシンは素晴らしく、一貫して改善しており、チームもしっかりと対応している。それに関して疑いはなく、今日の勝利は本当に満足している」

© ESPN Sports Media Ltd.