News

© Getty Images
拡大

F1が10月30日(水)にロサンゼルスの通りで2019年型マシンを使ったライブ走行をすることになった。

ハリウッド・フェスティバルと銘打って、"きらびやかな街をを引き裂いてやろう"との宣伝文句が掲げられている。参加ドライバーはマックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルド、バルテリ・ボッタスと、いずれもレースウイナーだ。それぞれが今年の自分のマシンに乗り込み、ハリウッドの大通りを往復する。

イベントはオースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催されるUS GPに先立って実施され、国内でライブ中継もされる。

市民は自由に観賞することができ、通りに沿って同時に自動車展示会の"ハリウッド・ライド・オブ・フェイム"がお披露目される。こちらは時代を超えたアイコニックなレーシングカーやロードカーを展示するイベントだ。

F1は昨年、アメリカで第2の開催地候補として今も構想を進めているマイアミで同様のイベントを開いた。今年6月にはシカゴでファンフェスティバルも開催されている。

F1商業部門のマネジングディレクターを務めるジョーン・ブラッチズは次のように述べた。「マイアミや今年のシカゴでのファンイベントを含め、これまでのUSフェスティバルでわれわれは大きな成功を収めることができた。アメリカで3度目のF1フェスティバルを開催することになり、興奮している」

「ロサンゼルスはショービジネスで知られるアイコニックな街であり、初めて大通りを貸し切って、ハリウッドのウオーク・オブ・フェイムにF1を加えることが非常に楽しみだ。ファンがF1を都心で体験できることは非常に重要で、われわれはF1がアメリカのマーケットに何を提供できるのかを示さねばならない」

© ESPN Sports Media Ltd.