News

F1が風洞に入れられた2021年型マシンのプロトタイプモデルを初公開した。次世代マシンの評価は今も続けられている。

2021年にF1は現行レギュレーションを一新することになっており、それによってより接近したレースやオーバーテイクが増えるようなマシンを作りたいと考えている。モータースポーツ部門の責任者を務めるロス・ブラウンはその両方の狙いを達成するために、データをきめ細かく分析するチームを結成した。

ルール形成にあたっては現役ドライバーたちの意見も取り入れられており、内容は10月末に公布されることになっている。

興味深い点は、マシンのウエイク(後流)と乱気流――レースではしばしば"ダーティ"エアと呼ばれる――が評価されていることだ。乱気流が多ければ多いほど、別のマシンに接近して走行することは難しくなり、オーバーテイクのチャンスは最小限になってしまう。

「われわれが実施している風洞テストはチームたちがしているものとはわずかに異なる」と最高技術責任者(CTO)のパット・シモンズはF1公式サイトで述べている。

「チームたちはマシンを動かしながら多様な傾きを通したマシンのフォース単体に集中する。一方われわれは必然的にそうしたフォースがどのようなものであるかについて関心を持っている。特にそうしたフォースがマシンの動きによってどう変わるかが興味の対象で、マシンの後ろで乱気流に何が起きているかはそれ以上に興味深い」

「そうした理由によりわれわれは大部分の開発をCFDで行っており、そのCFDは一般的にチームたちには使われない高度な技術を使用しているが、バーチャルシミュレーションを物理的シミュレーションでバックアップしたいと考えている。また、今回は50%モデルではなく60%モデルを選び、そのモデルを風洞のかなり前方で走らせることにした。これによってマシンのウエイクをベストな形で調査することができた」

マシンの変更と同時にF1はバジェットキャプについてチームたちと議論している最中だ。これはグリッド上のコストをコントロールする1つの方法だと考えられているが、チーム間の競争力を拮抗(きっこう)させるための手段でもある。

© ESPN Sports Media Ltd.