News

  • イギリスGP - マクラーレン - 初日

ノリス、「やるべきことはすべてできた」

Me / Jim
2019年7月13日 « スピンを恥じるグロージャン | 不満の残る予選になったグロージャン »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

12日(金)、シーズン第10戦イギリスGP初日に行われた2回目のフリー走行でマクラーレンのランド・ノリスが6番手に入り、カルロス・サインツも8番手で終えている。

初回セッションはサインツとノリスが10番手と11番手に並んだ。

カルロス・サインツ

「チームにとっていい1日だった。両方のセッションでトップ10に入り、強さを見せられた金曜日だったから、ハッピーだよ。こういうのはいつも励みになる。ファクトリーにいるチームがハードにプッシュしてくれて、ここにいくつかアップグレードを持ってくることができた。まだ今日のセッションを終えての評価が必要だけど、正しく機能していたみたいだよ。明日、ハイレベルのパフォーマンスを見せたければ、今日集めたデータを慎重に調べる必要がある。一刻も無駄にはできないね」

ランド・ノリス

「今日はトリッキーなセッションだった。風がものすごく強くて、マシンの予測がまったくつかない。ある意味、新しいターマックは良くなっているようだけど、まだいくつかバンプもあるし、引っかかりやすいところがあちこちにある。だから、簡単じゃないよ。でも、プランしていたことの大半はやれたと思う。ロングランもわりとしっかり走れた。今日のランからマシンの改善すべき部分に関する良いアイデアも得られている。トリッキーだったけど、やるべきことはすべてできた」

アンドレア・ステラ(パフォーマンスディレクター)

「シルバーストーンはいつもドライバーにもエンジニアにも興味深いチャレンジとなる。マシンは高速と低速の両区間に合わせてセットアップしなければならない。とりわけ、低速区間はラップタイムに非常に重要なロングコーナーがいくつかあるので、適切な妥協点を見いだす必要があるが、これがまた容易ではない。加えて、今日は風が強く、そのせいでマシンはドライブするのに相当トリッキーだった。全体として、マシンバランスが完璧ではない。ドライバーたちにもっと快適さを感じてもらい、マシンパフォーマンスをもっと引き出すためにはやるべき作業がある。いつも通り、金曜日は忙しい日だ。いくつか新しいパーツを試したが、まだ適切に評価しなければならない。その分析が完了次第、明日に向けて2台をどうしていくのか判断するつもりだ。また、今年のシルバーストーンでもうひとつ興味深い要素が新しいターマックだ。つまり、過去のリファレンスをいくらか失ったということだ。特に予選とレースの準備としては、今夜、タイヤの挙動を理解することが主なタスクになるのは間違いない。特に問題や遅延もなくプログラムを進められたので、全体的にポジティブな1日だった。多くのデータを集めたので今夜はそれらを分析し、願わくはマシンバランスの改善と、チームにとって重要な今週末に最大限の結果を残せたらと思っている」

© ESPN Sports Media Ltd.