News

  • イギリスGP - ハースF1 - 初日

スピンを恥じるグロージャン

Me / Jim
2019年7月13日 « 金曜日の作業に集中したフェラーリ | ノリス、「やるべきことはすべてできた」 »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

シーズン第10戦イギリスGP初日を迎えた12日(金)、ハースF1のケビン・マグヌッセンは後半のフリー走行で12番手につけるも、トラブルに見舞われたロマン・グロージャンは18番手にとどまった。

初回セッションはマグヌッセンが16番手、ピットレーン出口でスピンを喫するなど出だしにつまずいたグロージャンは19番手に終わっている。

ロマン・グロージャン

「1日の始まりはちょっと恥ずかしい思いをした。ピットリミッターのボタンをオフにしたら、タイヤが少し冷えていて、グリップは低く、気付いたら後ろを向いていた。あまり気分良くはなかったよ。でも、その後はコースに戻ってプログラム通りに走った。午後は少し油圧系のトラブルがあってセッションのうちの30分ほどを失ったけど、いいデータは集まってきている。このパッケージは確実にもっとドライビングを楽しめるはずのものなのに、パフォーマンスが十分じゃないんだ。予想はできると思うけど。これまで多くの開発を進めてきたクルマなんだから、前のスペックに戻すのはトリッキーだ。確実にフィーリングは良くなっている。今はそれをどう開発するかを考えている。よく理解し、前に進みたい」

ケビン・マグヌッセン

「いい1日だったよ。今日はいいロングランができた。それが一番のプライオリティーだったんだ。今週末は自分たちの問題についてもっとよく理解するために違うことをたくさん試している。考えることはたくさんあるよ。全てを見直し、明日に向けてやることを理解するため、チームは忙しい夜を過ごすことになる。僕はまだ照準を予選トップ10入りに定めている。Q3に進み、できるだけ上に行けるよう頑張りたい。今週最大のプライオリティーは、僕らがレースで戦い、ポイントを狙えるように、ロングランペースを良くすることだ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「いろいろと複雑なセッションだった。過去2レースよりもロングランに関しては少しマシになっているようだ。少なくとも1台は。ロマンについてはまだいくらかスピードを見いだす必要がある。FP1では彼がピットレーンでスピンを喫し、FP2ではハイドロリック漏れがあって、われわれが望んでいた完全な走行ができていない。明日の朝にあと1時間、作業を進める時間がある。ケビンは良い前進を遂げている。週末に向けてはしっかりと準備できているように思う」

© ESPN Sports Media Ltd.