News

  • イギリスGP - フェラーリ - 初日

金曜日の作業に集中したフェラーリ

Jim
2019年7月13日 « 前進に自信を見せるトロ・ロッソ | スピンを恥じるグロージャン »
© Bryn Lennon/Getty Images
拡大

12日(金)に実施されたシーズン第10戦イギリスGP初日2回目のフリー走行でフェラーリのシャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルは3番手と4番手に並んだ。

初回セッションではルクレールが5番手、6番手にベッテルが続いている。

セバスチャン・ベッテル

「またこのサーキットでドライブできてうれしいし、新しい路面は前に比べてかなりスムーズになっているみたい。グリップも増えているから、楽しいよ。金曜日はいつもそうだけど、今日はラップタイムにたいして意味はないと言っておくかな。でも、一番のライバルたちがかなり手強そうなのは間違いないし、彼らこそ打ち負かすべき相手だ。僕らとレッドブルはかなり接近しているみたいだけど、僕たちはマシンにいくつか新しいものを試していたから、判断するのはちょっと難しい。僕らの位置をもっとはっきり知るには明日まで待たないといけない」

シャルル・ルクレール

「僕らにとってはトリッキーな1日だった。ロングラン中はフロントタイヤにかなり手こずったから、もっとうまく機能させられる方法を理解できるように集中しないと。一方で、予選ペースは悪くなかったし、1日を通してたくさんのテストに取り組めたからそれはポジティブだ。ライバルたちが強力だけど、予選にならないと完全なポテンシャルを見せてこないだろうと思う。僕たちは競争力を発揮できるように全力を尽くさないといけないし、明日になればどの位置につけるのか分かるさ」

© ESPN Sports Media Ltd.