News

© Getty Images
拡大

ロケーションの最終決定には複雑な問題が絡むものの、F1はまだ近い将来のマイアミGP実現を諦めていない。

マイアミ市とF1は、一度はビスケーン湾とベイフロント・パークエリアで10年間の市街地レース開催について同意しており、当初は2019年シーズンからのスタートを予定していた。ところが、この計画は地域住民や企業から再三の反対に遭い、レースは無期限の延期を強いられている。

このロケーションもまだ消滅してはいないが、それよりも北に位置するマイアミ・ドルフィンズの本拠地、ハードロック・スタジアムを中心とした新しいコースも考案されている。ドルフィンズのオーナー、スティーブン・ロス率いるコンソーシアムは、こちらの新プランの方が地元エリアと摩擦を起こさずに済むと考えているようだ。

F1のプロモーターとビジネス関係のグローバルディレクターを務めるクロエ・ターゲット・アダムスはF1内の既存および潜在的レース契約に関する交渉を全て任されており、たとえ実際のグランプリ開催までにはしばらくかかるとしても、合意可能なロケーションは見つけられると確信している。

「それについては長期的視点を持っています」と彼女は『ESPN』に語った。「マイアミは私たちがぜひともレースをしたいと考えている都市です。刺激的でとても素晴らしい場所ですし、大変力強く、ダイナミックで、F1カレンダーに追加できれば最高の場所です」

「市街地レースを計画し、運営するのは複雑なプロジェクトです。複数の投資家と複数のコミュニティーの利益が絡むため、企業や居住者たちとの摩擦を適切な形で最小限に抑える方法を選ばねばなりません。しかし、それもまたエリアの価値につながります。長期的に見て、それを解決するのは相当なチャレンジだと思えるでしょう」

「私たちはマイアミでのレースが成功するロケーションを見つけようとしていて、そこにはチャレンジや複雑な問題があるかもしれませんが、最終的にはより広いコミュニティーと投資家にとってプラスとなる素晴らしいレースができると考えています」

以前のプロセスは全てが公知の場で行われ、マイアミ市がたびたび多様な形式で議論することによって複雑化した。

「政府系投資機関と交渉していれば、プロジェクトがある時点で公になるのは自然なことです」と彼女は述べた。「私たちはそれを内密にするよりも、一歩先んじてそれをオープンにした方がいいと考えました。公然と協議するわけではありませんが、政府系投資機関を相手に交渉していれば、ある程度の透明性は生まれるものです」

F1にはすでにUS GPがアメリカ国内で開催されている。2012年にカレンダー入りし、オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で行われる人気のグランプリだ。最近チームたちにマイアミ、ラスベガスと別の場所の中から2つ目のレースをアメリカで開催するならどこがいいかというアンケートをとったところ、彼らはマイアミを選んだ。

F1はカレンダー上でマイアミをCOTAと置き換えるのではなく、アメリカでの2戦目として追加する方向で考えている。

「アメリカでもう1カ所、別の場所を見つけることが私たちの明白な戦略でした。オースティンには愛着がありますし、そこは素晴らしいイベントで、優れたプロモーターがおり、テクノロジーを重視する町という点でも活気に満ち、若く、これから成長する場所です。F1の観客ともよくマッチし、私たちのブランドが目指すもの、ブランドの核心であるスポーツのテクノロジーとエンターテインメントによく合っています。マイアミは私たちにとって夢のロケーションで、非常に興味深いプロジェクトです」

© ESPN Sports Media Ltd.