News

  • エプシロン・ユースカディ

エプシロン・ユースカディ、風洞テスト開始

Jim
2010年8月5日 « スーティル「レッドブルはどこよりも賢い」 | 反撃を期待するバトン »

F1参入を目指すスペインのエプシロン・ユースカディが2011年型F1マシンのスケールモデルの風洞テストを開始した。

シングルシーターの他カテゴリーやプロトタイプマシンでル・マンに参戦する同チームは2011年に13番目のチームとしてF1参戦権を確保すべくエントリーを提出している。

FIAはすでにいくつかの申し込みを断ったと考えられているが、GP2チームのARTやアメリカのサイファーは資金不足によりエントリーを撤回した。

また今週には、13日(金)にFIAが残る候補者、おそらくはジャック・ビルヌーブとデュランゴのチームとステファンGPに、パリでインタビューする予定であることが判明。加えて、数々のF1チームを渡り歩いたジョアン・ビジャデルプラットとエンジニアのセルジオ・リンランドが率いるエプシロン・ユースカディも候補に残っていることが分かった。

ウィリアムズやブラバム、フォルティ、ベネトン、ザウバー、アロウズでエンジニアとして活躍してきたリンランドはアルゼンチンの『Corsa(コルサ)』に「先週、初めて風洞にモデルを入れたんだ。問題なくいった。設計はかなり進んでいる」と明かしている。

さらに、リンランドによるとエプシロン・ユースカディはドライバーラインアップの検討を始めていないようで、「(ドライバーについては)まったく考えていない」と述べた。

アルゼンチン人ドライバーのエステバン・グエリエリがシートを勝ち取れば「最高だ」と認めつつも、リンランドは「前にも言ったとおり、ドライバーの問題は現時点で熟考されていない」と付け加えている。

© ESPN Sports Media Ltd.