News

  • フランスGP - ペナルティポイント

リカルドが3点、ペレスが1ポイント加点

M.S.
2019年6月26日 « Hondaがスペック3を投入 | F1ドライバーたちが描く2021年の理想のルール »
© ESPNF1
拡大

シーズン第8戦フランスGPではレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスとルノーのダニエル・リカルドにペナルティポイントが科された。

ペレスはコースを逸脱して継続的なアドバンテージを得たことがペナルティの対象となり、1ポイントを加算されている。

リカルドはレース終盤にポジション争いをしていた際の一連の動きに2件の違反が認められ、計3ポイントを言い渡された。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12カ月有効。累積で12点に達すると当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、実質的に次のレースに出場できない。

オーストラリアGP:シーズン初戦はペナルティポイントなし
バーレーンGP:グロージャンにペナルティポイント1点
中国GP:クビアトに2点のペナルティポイント
アゼルバイジャンGP:リカルドにペナルティポイント2点
スペインGP:ペナルティポイント加算のなかったバルセロナ
モナコGP:6名にペナルティポイント、戒告が1名
カナダGP:ベッテルとサインツにペナルティポイント

© ESPN Sports Media Ltd.