News

  • カナダGP - フェラーリ - 決勝

裁定が「厳しすぎる」とベッテル

Jim
2019年6月10日 « クビサ、グリップが足りず「プッシュできない」 | ベッテルのペナルティをルクレールに伝え忘れたフェラーリ »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

現地9日(日)に開催されたシーズン第7戦カナダGP決勝レースでフェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは2位と3位で表彰台に上った。

ポールシッターのベッテルは先頭でゴールしているが、終盤にコースオフを喫した際、安全にコース復帰しなかったとして5秒のタイムペナルティを受けてしまい、ハミルトンが1秒強の位置でフィニッシュしたため、勝利はハミルトンの手にわたっている。

セバスチャン・ベッテル

「僕らは最高のレースを戦ったと思うし、スチュワードの裁定が厳しすぎると思っている。ターン3で、僕はマシンのコントロールを失い、芝生の上を長く走らなきゃいけなくなって、ターン4でルイスの前で合流した。クラッシュしないようにマシンをコースにとどめておくことに必死過ぎて、僕には彼がどこにいたのか見えていなかったんだ。わざと彼を押し込んだんじゃない。今週末の展開や、ライバルたちのレースペースがかなり強力だったのは確かだけど、それでも僕らには勝利がふさわしいと思っている。それから、今日、このサーキットに来てくれた観客の多くが僕に同意してくれていることに感激している。カナダでレースをするのはいつも楽しいし、みんなからたくさんのサポートを感じるから、今シーズン初めての大きな結果をファンのみんなにプレゼントできたら最高だったんだけどな」

シャルル・ルクレール

「僕の場合は寂しいレースだったけど、今日は自分のレースにとても満足している。これ以上の好結果は得られなかったと思うし、パフォーマンスは最初から最後のラップまで強力だった。同時に、シーズン初勝利を失ったチームを思うとがっかりだ。今はフランスの次戦を楽しみにしている。モントリオールのサーキットは僕らのマシンにとても良く合っていたから、フランスで僕らがどのポジションになるかを話すのは難しいけど、強力な結果を残せるように改善して戦い続けるために精いっぱい必死に取り組んでいくつもりだ」

マッティア・ビノット(チーム代表)

「現時点で、われわれはチームとして当然ながらがっかりしているものの、全員の思いはほぼすべてセバスチャンと観客の皆さまと共にある。セブについては、別のやり方ができたとは思わない。だからこそ、スチュワードの裁定に対して意義を申し立てることにしたのだ。今日、実際はこの週末を通して、われわれがコンペティティブであることを証明してカナダを出発できる。その事実はチーム全体にとって自信の後押しになる」

© ESPN Sports Media Ltd.