News

  • F1 eスポーツ

eスポーツ初代王者リー、実際のレースデビューでクラッシュ

Jim
2019年4月22日 « ベッテル、今の自分は「絶好調」 | セナと比較できるのは「ハミルトンだけ」とベルガー »
© Mercedes
拡大

F1の初代eスポーツ王者であるブレンドン・リーが実際のコース上でのレースデビューでクラッシュを喫した。

19歳のリーは2017年に初めて開催されたeスポーツ選手権で優勝し、さらに今も所属するメルセデスチームの一員として参戦した2018年もチャンピオンに輝いている。

リーは先週末、イギリスのスネッタートンにあるサーキットでBRSCCナショナル・フォーミュラ・フォード1600に参戦し、実車でのシングルシーターレースを初めて味わった。レース前には3日間のテストにも参加している。

20日(土)に行われたオープニングレースで4位フィニッシュしたものの、日曜日はレース2の序盤にバリアに激突、さらにレース3ではトラブルでリタイアを余儀なくされた。

リーは5月11日にオールトン・パークで開催されるBRSCCナショナル・フォーミュラ・フォード1600の一戦で再びステアリングを握る予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.