News

© Mark Thompson/Getty Images
拡大

ハースF1代表のギュンサー・シュタイナーはチームが過去2戦のレースペース不足に関する答えを見いだすのに苦悩していると明かした。

ハースF1勢はバーレーンと中国の2戦とも予選でトップ10入りを果たしながらもレースでポイント獲得につなげられなかった。2019年シーズンに挑むにあたり、ハースF1は中団グループの中で最も強力だと見込まれていたが、これまでのところはその見立てに添える結果を残しておらず、1周のアタックに関しては明らかに速いマシンを持ちながらも、オーストラリアでケビン・マグヌッセンが6位入賞を果たして獲得した6ポイントの得点にとどまっている。

上海でのペース不足についてシュタイナーは「バーレーンと同じだ。非常に似ている。それは見ての通りだ。熱の入っている新しいタイヤを履いて出ていったときは問題ないが、その後は・・・それだけだ」とコメント。

「修正を試みたができなかった。バーレーン後に問題を理解したものの、上海までに修正できず、まだ取り組んでいかなければならない。作業を続けて自分たちの大きな問題に対する解決策を見いだす必要がある」

また、シュタイナーは短期的な解決策があるとは思っておらず、来週のアゼルバイジャンGPでも同様の可能性を覚悟しているという。

「バーレーンや上海、バクーのようなコースとは完全に違うサーキットだったこともあり、冬季テストではなかった問題だ。バクーはさらに悪化するかもしれない。失望を覚悟しているほどだ。バクーまでに何かしら見つけられることを願っている。これらのレースコースではタイヤにエネルギーを入れられない」

ハースF1が抱える問題はマシン周りとタイヤに熱を入れる能力に関わっており、タイヤのピークパフォーマンスを引き出すためには重要な問題だ。とりわけ、特定の特性を持つサーキットでトラブルになりやすいとシュタイナーは言う。

「それはロングストレートと低エネルギーのコーナーを持つ高速サーキットだ。われわれはそういったコースでタイヤに熱を入れられていない。そういうことだ」

「冬季テストでは、バルセロナが寒かったとはいえ、タイヤにかなり負荷をかけられたし、エネルギーも引き出せ、熱をキープすることもできた。オーストラリアは気温が高く、問題なかった。しかし、バーレーンと中国はとにかく機能しなかった」

車体のダイナミクスが乏しく、動作中にマシンがインプットにどう反応しているかに関わる問題ではないかと指摘されると、シュタイナーは「コンビネーションだ」と答えた。

「車体のダイナミクスではなく、すべてのコンビネーションだと思う。車体のダイナミクスだけのせいにはできない。空力であり、すべてだ。いろいろなことが関わっている。そうでなければ簡単な話なのだ」

「風洞施設に行って、タイヤに熱を入れる方法をなんとかして見いだす。空力に関してもブレーキのクーリングやブレーキのヒーティングについてもそうだし、車体のダイナミクスもそう。しかし、現時点でわれわれはソリューションを有していない」

「ソリューションを見いだせたら、どうやって見いだしたかをお知らせしよう。ただ、現時点ではそれを見いだす必要がある。たったひとつだけのことではない」

© ESPN Sports Media Ltd.