News

  • 中国GP - トロ・ロッソ - 初日

PUに異常確認もポジションには満足するクビアト

Me / Jim
2019年4月12日 « 「VF-19の魔法の鍵」はまだ見つからず、とグロージャン | 1,000戦記念のレトロヘルメット、一押しはリカルド »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

12日(金)、シーズン第3戦中国GP初日に実施されたフリー走行2回目、トロ・ロッソのアレキサンダー・アルボンとダニール・クビアトは12番手と13番手につけた。

初回セッションはクビアトが8番手に入り、アルボンは14番手のタイムを残している。

ダニール・クビアト

「FP1はすごく生産的で、予定していた周回を全部終えて、自分たちの競争力に満足していた。FP2では念のためにPUを交換することになって、かなりの時間を失ってしまったから、走り始めた段階でだいぶ不利な状況だった。他のみんなは燃料を多くして走行中だったから、僕はほとんどの時間をトラフィックの中で過ごすことになった。そんな状態ではあったけど、自分たちの位置には満足している。明日も努力を続けるだけだ」

アレキサンダー・アルボン

「なかなか順調な1日だった。最初のセッションはサーキットを探検して、全体をつかむために使った。テクニカルなコースでいろいろ違うラインが取れるんだけど、かなり早くコツをつかめたよ。クルマに乗れば乗るほど新しいコースを学びやすくなる。すぐにクルマに自信を持てるようになっていった。セッション間では、FP1で学んだことをFP2で実行してみたんだ。でもまだFP3で試したいことがいくつかある。1日の流れには満足だ。クルマには間違いなくタイムが残されているけど、僕らのロングランペースはかなりコンペティティブだ」

ジョナサン・エドルズ(チーフレースエンジニア)

「全体として相当に忙しい1日だった。各ドライバーは2セットのプライムタイヤを履き、バーレーンテストで学んだことを生かしながら適応させる作業に集中していたので、複数のランを通して同じ種類のタイヤでセットアップを煮詰めた。また、メカニカルセットアップのアイテムと空力のプラットフォームに関する作業にも時間をかけており、いくつか興味深い結果を得ている。出だしの路面はかなり滑りやすかったため、急激な路面の改善が見られた。このサーキットではタイヤのグレイニングが問題になる可能性が常にあり、とりわけ左フロントに発生しやすいので、タイヤがどの程度もつかを確認するためにFP1終盤にロングランに取り組んだ。路面温度は低かったものの、タイヤのパフォーマンスは思っていたよりも良かった。FP1でダニー(クビアト)が走った最後のラップで、HondaがPU(パワーユニット)に関する異常を知らせてきたため、彼の走行をわずかに短縮し、予防措置としてPUを交換することに決めた。メカニックたちが非常に素晴らしい仕事を果たしてくれたおかげで、FP2が半分終わったところで再び走行できたが、その影響としてダニーのプログラムは妥協せざるを得なかった。FP2のセッション中に他のみんながレースシミュレーションに取り組む中、軽い燃料の走行をするとなるとトラフィックが問題になるが、チームが見事な仕事ぶりで十分なスペースを見いだしてくれたので、ダニーは何度かクリーンなラップを走れている。あのセッションではまだ2周目だったにもかかわらず、改善もできたし、コンペティティブなタイムもマークしているので、それについては満足している。アレックス(アルボン)はもう少し慣習的なFP2となり、オプションタイヤを履いて2回のショートランを走り、その後、ロングランに励んだ。最初のセッションで得たデータに基づき、FP1からFP2にかけて、いくらかセットアップに変更を加えており、タイトな中団グループの中でその変更が功を奏したと分かってうれしく思う」

田辺豊治(ホンダR&DヨーロッパU.K. F1テクニカルディレクター)

「ダニールのマシンから得たデータに異常を確認したことから、FP2前にPUを交換することに決めたので、中国ではトリッキーな初日となりました。必然的に、ダニールは2回目のセッション序盤にコースに出られませんでしたが、後半45分でコースに送り出したチームは素晴らしかったと思います。ここの現場でも引き続きデータを分析していくつもりですが、オリジナルのPUパッケージはさらなる調査のため、サクラに送ります。アレックスにとっては上海のサーキットで走るのが初めてでしたが、トラブルフリーな1日を過ごしました。今回もまた、この中国では中団グループのタイムが信じられないほどに接近しているので、明日の予選がかなり重要になるでしょう」

© ESPN Sports Media Ltd.