News

  • 中国GP - ハースF1 - 初日

「VF-19の魔法の鍵」はまだ見つからず、とグロージャン

Me / Jim
2019年4月12日 « クビサ、過去2戦とは「バランスがかなり違っている」 | PUに異常確認もポジションには満足するクビアト »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

12日(金)、シーズン第3戦中国GP初日のセッションに臨んだハースF1のケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは2回目のフリー走行で16番手と17番手にとどまった。

初回セッションはグロージャンが10番手、マグヌッセンが11番手のタイムを残している。

ロマン・グロージャン

「楽な1日じゃなく、OKかなという程度の1日だった。午後は燃料を少なくした時にフロントウイングの問題が起きてしまい、苦労したよ。そこではほとんど情報が得られなかった。その後のロングランでは少し前進できたと思うし、クルマの感触も良くなってきた。僕らにはまだやるべき仕事が残っていて、特にレース構成に取り組む必要がある。予選についてはあまり心配していないけど、バーレーンではレースペースで苦戦したからね。何をすべきかについてはいい考えがある。ただ、VF-19の魔法の鍵はまだ見つかっていないんだ」

ケビン・マグヌッセン

「今日はちょっと寒くて、タイヤ温度に関して少し苦戦した気がする。明日に向けてやるべき作業がいくつかあるのは間違いない。すべてを調べている。それでも、いつも通りの週末だし、特にパニくってはいない。土曜日に向けて何か見いだし、タイヤからもう少しだけパフォーマンスを引き出せるかどうか見てみる。できれば、明日にはマシになっているといいんだけど」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「今日は大量のデータ収集に取り組んだ。引き続きバーレーンで抱えた問題を理解しようと努めている。少し前に進んではいるが、それでもまだやるべき作業が多くある。今夜も継続し、予選とレースに向けてパッケージの力を最大に引き出せるようにして明日のFP3に臨む」

© ESPN Sports Media Ltd.