News

  • 中国GP - レッドブル - 初日

フェルスタッペン、タイヤ管理がカギ

Me / Jim
2019年4月12日 « ボッタスはマシンに満足もハミルトンは苦戦 | 変更を加えて「何かを失った」とペレス »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

12日(金)、シーズン第3戦中国GP初日に行われた2回目のフリー走行でレッドブルのマックス・フェルスタッペンが3番手に食い込んだ一方、ピエール・ガスリーは10番手にとどまった。

初回セッションはフェルスタッペンが4番手、ガスリーは7番手のタイムを残している。

マックス・フェルスタッペン

「今日は結構良かったよ。クルマのバランスがいいし、問題もそれほど多くなかったから、僕はかなりハッピーだ。もちろん、バーレーンの後でここに来る時は疑問符もあった。でも、問題を解決できれば一気に近づけると僕らは大きな自信を持っていた。今日はそれ見せられたと思う。ロングランは大丈夫だったんだけど、ここではレース距離でどれだけタイヤを管理できるかがポイントだ。それはみんな同じだけどね。全体としてここまでのペースには満足していて、今夜はセットアップをうまく調整するだけ。明日のポールポジションは厳しいだろうし、正確な位置を言うには早すぎるけど、だいぶ近づいている。だから、レースでは戦えるといいね」

ピエール・ガスリー

「常にもっと求めてしまうけど、今日のプログラムにはとても満足している。僕らにはいい方向性があると思うし、マックスがマシンの優れたポテンシャルを発揮している。FP1とFP2でかなりたくさんのテストに取り組んだ。できるだけ開発をプッシュしていったから、今日使ったすべてのパーツを分析しないと。FP2はファステストラップの第3セクターでヒヤリとする場面があって、ちょっとタイムを失ったから、マシンのポテンシャルが実際に反映されていない。今は明日に集中すべきだと思うし、僕はセットアップを改善しないといけない。それに、タイヤのデグラデーションが基本的に難しいところだからね。コースレイアウトがフロントタイヤにかなりきつくて、特に左フロントタイヤがそう。ここでは予選とレースのいい妥協点を見いだすことが重要だけど、チームには経験も知識もあるから、明日に向けて適切な方向性を見つけられると確信している」

© ESPN Sports Media Ltd.