News

  • 中国GP - ルノー - 初日

スムーズな初日を過ごしたルノー

Jim
2019年4月12日 « ピレリ、タイヤパフォーマンスは「ポジティブ」 | 「まだ少し改善点がある」とサインツ »
© GREG BAKER / AFP
拡大

12日(金)に実施されたシーズン第3戦中国GP金曜フリー走行2回目のセッションでルノーのニコ・ヒュルケンベルグが5番手に入り、ダニエル・リカルドは9番手だった。

初回セッションはリカルドが6番手、ヒュルケンベルグは12番手のタイムを残している。

ダニエル・リカルド

「僕たちにとっては悪くない1日だった。ちょっといろいろあったとしてもね。今朝はいい感じに滑り出せたし、マシンに乗っていてかなりポジティブだった。午後はバランスに関していくつか試したことがある。今朝は望んでいる状態に近づけているように感じていたから、少し作業して明日までに見いだすつもり。ショートランのペースはトップ10に食い込めそうだから、明日はすべてのピースをしっかりはめて、いい一発のペースを引き出すことが重要になってくる」

ニコ・ヒュルケンベルグ

「今日の出来には満足できるんじゃないかな。どちらのセッションもトラブルなく、スムーズに走れたし、予定していたプログラムを完了できた。ポジティブに感じているし、今日はマシンに乗っていていい感じだったから、それがショートランもロングランもラップタイムに反映されていると思う。まだ取り組むべきエリアがいくつかあるし、評価することもあるけど、土曜日に向けて今日は堅実なベースラインになったと思っている」

ニック・チェスター(シャシー部門テクニカルディレクター)

「今日は予定していた通りにプログラムを進め、全体的に素晴らしい金曜日だった。いくつか空力テストに取り組み、さらにメカニカルパーツも搭載して作業を進めている。明日、作業していくための良いデータが得られた。取り組んでいく情報も多くあり、評価した新パーツは予想通りに機能しているようだ。パフォーマンスはまずまず。予選に臨む明日がどうなるかを見てみるが、良いスタートになっている」

© ESPN Sports Media Ltd.