News

  • シャルル・ルクレール

ルクレール、中国でもバーレーンのエンジンを使用

Me
2019年4月6日 « アロンソのF1復帰が当面ないと思われる理由 | マクラーレンがインディ500のカラーリングを公開 »
© KARIM SAHIB / AFP
拡大

シャルル・ルクレールはバーレーンで勝利を失う原因になった同じエンジンを中国GPでも使用することになった。

初めてのポールポジションを獲得し、レースの大半を支配していたルクレールだったが、V6ターボエンジンのシリンダーにトラブルが生じ、F1初勝利の夢を奪われてしまった。

彼が遭遇したパワーロスはあまりにも大きく、表彰台でフィニッシュしただけでも幸運だったといえる。終盤にセーフティカーが入らず、通常のレースコンディションが続いてれば、3番手に踏みとどまることはできず、もっと下まで転落していただろう。

フェラーリはレースの合間にイタリアのファクトリーで問題のエンジンの分析を実施した。その結果、インジェクション・コントロール・ユニット内にショートが見つかり、それが問題を引き起こしたことを突き止めている。チームによれば、それはそのコンポーネントにこれまで一度も起きたことのない問題だったという。

エンジンの再利用が可能だということは、ルクレールにとっては安心材料だ。シーズンのこの段階でパーツを交換するとなれば、この先にグリッドペナルティを科される可能性が高まってしまう。

バーレーンではメルセデスが1-2を達成したものの、週末を通してフェラーリは優れたペースを見せていた。中国GPはF1の歴史において記念すべき1,000レース目となり、イタリアチームはその優勝候補とされている。

© ESPN Sports Media Ltd.