News

  • オーストラリアGP - 土曜フリー走行

好調ハミルトンがトップをキープ、フェラーリ勢が2-3

Jim
2019年3月16日
© Quinn Rooney/Getty Images
拡大

メルボルンのアルバートパーク・サーキットで16日(土)、2019年F1 FIA世界選手権第1戦オーストラリアGP土曜フリー走行が実施され、メルセデスのルイス・ハミルトンが最速タイムを記録した。

2回のフリー走行が実施された初日も両セッションを通してハミルトンがトップにつけている。後半のフリー走行では僚友バルテリ・ボッタスが100分の数秒差で2番手に続いており、ライバルに0.8秒のリードを築いたメルセデスが好スタートを切った。

ピレリはメルボルンに5種類あるコンパウンドのうち3種類、C2をハード、C3をミディアム、C4をソフトとして持ち込んでいる。

今年最初の予選を前に、最後のフリー走行は青空の下、気温22.5度、路面温度44度、湿度60.8%のコンディションで始まり、ピットレーン出口の信号が青に変わると同時にレッドブルのマックス・フェルスタッペンがコースイン。金曜フリー走行2回目に全体の6番手タイムを刻んだアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンが後に続いた。

開始から5分が経過するまでに12台がインストレーションラップを完了し、冬季テストで走行時間を失ったウィリアムズ勢は早々にタイム計測をスタートさせている。ミディアムタイヤを履いたジョージ・ラッセルとロバート・クビサが1分29秒台を刻みながら周回を重ねる中、プログラムに取り掛かったレッドブルのピエール・ガスリーが1分26秒台をマークしてトップに立つも、フェルスタッペンがそれを1秒上回る。

フェラーリとメルセデス、レーシング・ポイントは始動が遅く、序盤15分はコースに姿を見せていない。

ソフトタイヤを試したトロ・ロッソのダニール・クビアトが1分24秒860をマークしてトップタイムを塗り替えた頃、セルジオ・ペレスがレーシング・ポイントマシンに乗り込んでガレージを出発し、チームメイトのランス・ストロールに加えてメルセデスを駆るボッタス、フェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールも合流した。

ディフェンディングチャンピオンのハミルトンはさらに待機時間が長く、クイックラップを終えて1分23秒台に入れたベッテルが最速タイムを更新した直後にコースに向かっている。それでも、貫禄の走りで1分23秒699をたたき出したハミルトンがベッテルより0.040秒速くまとめてトップに立った。

前半30分終了時点でトップ5につけていたのはハミルトン、ベッテル、ルクレール、ボッタス、ハースF1のロマン・グロージャンだ。6番手にはトップから1秒遅れでライコネン、クビアトが7番手につけ、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、アレキサンダー・アルボン(トロ・ロッソ)、ハースF1のケビン・マグヌッセンがトップ10に名を連ねた。

ハミルトンはその後、さらにペースアップして1分23秒360を記録、ボッタスが2番手に上がってフェラーリの2台が後ろに並んだ。

終盤はほとんどのドライバーが予選を想定したランに取り組み、先にフレッシュタイヤを投入したベッテルが1分22秒556をたたき出してペースアップに成功するも、ハミルトンが0.264秒上回ってトップに返り咲く。ルクレールも1分22秒台に入れてきたが、ボッタスは思うようにラップをまとめきれずにハミルトンから1秒以上遅れたままだ。

ハミルトンがトップのまま60分のセッションが終了し、ベッテルが2番手、ルクレール、グロージャン、マグヌッセンが5番手につけた。その他、ガスリー、ボッタス、クビアト、フェルスタッペン、ルノーのダニエル・リカルドがトップ10につけている。

トロ・ロッソ・ホンダを駆るアルボンは15番手で最後のフリー走行を終えた。

オーストラリアGP予選は日本時間15時に開始される予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.