News

  • バルセロナテスト - トロ・ロッソ - 最終日

クビアト、「シミュレーションはうまくいった」

Jim
2019年3月2日 « ライコネン、新チームと挑む「初レースが楽しみ」 | 課題を多く残すウィリアムズ »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

1日(金)、プレシーズンテスト最終日の作業を完了したトロ・ロッソはダニール・クビアトが131周を走り、5番手タイムを記録した。

ダニール・クビアト

「かなり成功のプレシーズンテストだった。たくさんのラップを走り込めたから、この2週間で取り組んだ作業には満足できると思う。2回のテストの間にできた宿題を終えられたことが重要だし、その結果、2週目の最後にはマシンがドライブしやすくなった。テストだから、マシンの反応を見るためにいくつか新しいパーツを試したり、異なるセットアップを試したりした。これをレース週末にやろうとするのはリスクが高いし、時間がかかるからね。そういうアイテムを評価して、マシンを可能な限り速くするためのソリューションを見いだしたから、冬季テストを最大に生かせたと言えるんじゃないかな。今日は午前中に何度かショートランを走って予選シミュレーションに取り組んだ。午後はレースシミュレーションに切り替えている。どちらも本当にうまくいったから、ここからはメルボルンのシーズン開幕に集中できる」

ジョディ・エギントン(副テクニカルディレクター)

「午前の後半に予選シミュレーション、午後にはレースシミュレーションに取り組みながら大量のテストアイテムを試し、ダニー(クビアト)と共に非常に生産的なテスト最終日を過ごせた。予定していた走行プログラムを完了し、2019年冬季テストをポジティブな形で締めくくることができた。パワーユニットについても、申し分のない信頼性とPUのオペレーションで同様の軌跡を歩めており、Hondaのみんなのおかげだ。献身とサポートで支えてくれた現場のみんな、ファエンツァとバイチェスターのみんなについて触れておきたい。信じられないほどに忙しくも生産的な時間になったと思う。ここからはすべての焦点をメルボルンにあてる。シーズン開幕戦が楽しみだ」

フランツ・トスト(チーム代表)

「今朝は寒かったものの、基本的にはバルセロナでの2回のプレシーズンテストは天候に恵まれた。そのおかげで、新車STR14をはじめ、異なるセットアップや適切なコンディションでのタイヤについて多くを学ぶチャンスを得られた。相乗効果のプロジェクトは期待通りのものをもたらしており、当初からかなり信頼性のあるマシンだったこともあり、2回のテストを通して特に大きなトラブルに見舞われることもなく4,325kmを走破した。いろいろなところに小さな問題はいくつもあったが、それはシーズンのこの時期には普通のことであり、すべてすぐに対処しているので何ら懸念するようなことはない。ファクトリーのチームが素晴らしい仕事を果たし、すべてのパーツをオンタイムで用意してくれた。現場でも、レースチームには何名か新しいメンバーもいるが、彼らは迅速かつ非常に効果的に新しい役目をまっとうしており、ガレージのオペレーションはスムーズだった。最高の努力を講じてくれたファエンツァとバイチェスターのみんなに感謝している。ダニールもアレックス(アルボン)も、ミスを犯すことなく、非常に有益なフィードバックをもたらし、われわれの期待が現実的であることを示してくれた。昨年はレースから離れていたにもかかわらず、ダニールはすぐさまマシンのグリップを取り戻し、われわれのよく知る、素晴らしい速さと的確なテクニカルフィードバックをエンジニアに提供するドライバーであることを証明してくれた。アレックスにとってはきっと彼が大きな支えになるだろう。アレックスも素早く、かなり急勾配な学習曲線で日に日にF1に慣れている。チームと過ごす初めての4日間を終え、本当に強力なパフォーマンスを発揮しているし、フィジカルも見事な準備を整えている。PU面については、Hondaに心から感謝しなければならない。サクラのエンジニアたちがPUのパフォーマンスと信頼性をさらに改善してくれた。素晴らしい滑り出しでメルボルンの新シーズンを開幕するためのすべての材料が揃ったように感じている」

田辺豊治氏(ホンダR&DヨーロッパU.K. F1テクニカルディレクター)

「PUに関しては大きなトラブルなく、全8日間の冬季テストを完了しました。しっかりとマイレージも稼げています。2週目には小さな問題をいくつか経験しましたが、テストはそのためにあるものですし、浮上してくる問題をシーズンが始まるまでに対応するのがテストです。昨シーズンを通してすでにスクーデリア・トロ・ロッソとは素晴らしい関係を築いており、その上で今回のテストに臨みました。アストンマーチン・レッドブル・レーシングとは、過去数カ月で築いていたやり取りをもとに、ハードウエアやレースオペレーションの両面で素晴らしい準備ができたと思います。8日間とも天気が良かったので、作業を完了し、多くのデータを集めるのに役立ちました。メルボルンのコースに送り出すまで、可能な限り準備を整えられるように、これからすべてのデータを分析していきます」

© ESPN Sports Media Ltd.