News

  • ルノー

新シーズンに向けてルノーが新車R.S.19を初披露

Jim
2019年2月12日 « 新カラーは次世代のウィリアムズの象徴 | 急ピッチで準備を進めるルノー »
© Renault Sport F1 Team
拡大

ルノーが2019年シーズンに向けて新車のカバーを取り外した。

12日(火)に公開されたマシンをドライブするのは新たにドライバー契約を交わしたダニエル・リカルドと、チーム在籍3年目を迎えるニコ・ヒュルケンベルグだ。

昨季のルノーはチャンピオンシップを4位で終え、上位3チームとそれ以外のチームのパフォーマンス差を踏まえて"ベスト・オブ・ザ・レスト"と言われるポジションを確保した。今年はそのトップ3チームであるメルセデス、フェラーリ、レッドブルの争いに絡むことを目指している。

そのために、ルノーは昨年のドライバー市場でレッドブルからリカルドを獲得する大胆な動きに出た。リカルドは現役ドライバーの中で最も才能のあるドライバーの1人と考えられており、ヒュルケンベルグとのコンビは今季のドライバーラインアップで最もエキサイティングな組み合わせと言える。

今回、公開された画像を見る限り、旧型車と比較した顕著な変化は2019年に義務化された新しいテクニカルレギュレーション――幅が広くシンプルなフロントウイング、縮小されたバージボード、高くワイドなリアウイングだ。

ルノーの拠点があるエンストンで行われた発表会では2019年仕様のカラーリングとフロントウイングがお披露目されている。

© ESPN Sports Media Ltd.