News

  • マクラーレン

マクラーレンがマネジングディレクターを発表

Me
2019年1月10日 « ビノットがフェラーリ代表に、今後の変革に注目 | フェルスタッペンが「社会奉仕」1日目を消化 »
© McLaren
拡大

マクラーレン・レーシングがF1チームのマネジングディレクターとしてアンドレアス・ザイドルとの契約を発表した。彼はCEOであるザク・ブラウンの直属となり、F1レースプログラムの全面的責任を負うことになる。

ザイドルは世界耐久選手権(WEC)でポルシェLMP1チームの代表を務めた腕を買われ、2019年にマクラーレン入りすることが決まった。

2000年から2006年までBMWモータースポーツで働いていた経験があり、F1でも顔なじみの人物だ。当時のBMWザウバーで2009年までコース運営の責任者を務めていた。

「アンドレアスがマクラーレンの一員に加わり、F1におけるテクニカル、そしてオペレーション面のプログラムを率いてくれることになったことを喜ばしく思っている」とザク・ブラウンCEOはコメントした。「これは2つの面でわれわれにとって重要なアポイントメントだ」と述べ、再興への強い意欲を示している。

「第一に、これはパフォーマンスを取り戻すというわれわれのプランにおける重要なステップであり、長期的なF1へのコミットメントにもつながることになる。第二に、F1プログラムにおける集中的なシニアリーダーシップは、マクラーレン・レーシングが時とともに他のグローバルモータースポーツに拡大していくための長期戦略の中で不可欠な要素だ」

「アンドレアスはこれまで関与してきた全てにおいて実績を挙げている非常に有能なリーダーであり、彼との仕事が楽しみだ」

マネジングディレクターという役職を任されたザイドルは次のように語った。「今回のことは大変な名誉とチャレンジであり、そのための準備はできている。私の全てをコミットしよう。マクラーレンのレガシーに貢献する機会を与えられるというのは本当に特別なことであり、奮起させられる」

「マクラーレンにはビジョン、リーダーシップと経験があるが、何より重要なこととして上位に返り咲くための人材がそろっている。それが私の最大の焦点であり、ミッションとなるだろう。チーム入りしてマクラーレンの同僚たち、ルノーのパートナーたち、そしてもちろんカルロス(サインツ)とランド(ノリス)と一緒に仕事を始めるのが待ち切れない」

© ESPN Sports Media Ltd.