News

  • ニコ・ロズベルグ

ハミルトンの最多記録更新は可能だとロズベルグ

Jim
2018年10月29日 « ハミルトン、爵位の受勲は「考えてもいない」 | エリクソンが来季インディ参戦 »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

2016年F1世界王者のニコ・ロズベルグはメルセデスでチームメイトだった2人のドライバーに言及し、メキシコGPで5度目のタイトル獲得を達成したばかりのルイス・ハミルトンがミハエル・シューマッハの持つ歴代最多記録を更新できると思うと明かした。

アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで4位フィニッシュしたハミルトンは今季のチャンピオンシップ制覇に十分なポイントを得てキャリア通算5回目となるドライバーズ選手権タイトルを手中に収めた。これでファン・マヌエル・ファンジオの記録に並び、シューマッハの持つ最多記録にはあと2回と迫っている。また、通算勝利数でもシューマッハが残した91勝に近づいており、現在のハミルトンの記録は71勝だ。

メルセデス時代にハミルトンと激しくタイトルを争い、2016年にはついにハミルトンを打ち負かしたロズベルグはかつてのライバルがシューマッハの記録を打ち破って史上最高ドライバーとなる可能性はあると見ている。

ロズベルグは『YouTube(ユーチューブ)』の公式チャンネルで配信した動画の中で「ルイスが5度目のタイトルなんて、すごいよ。5つのタイトルだよ。クレイジーだ! 考えるだけでもすごい。ファンジオに並んだなんて・・・すごい。これでシューマッハの記録に本格的に迫っていけると思うんだ。契約はあと2年あるし、シューミはあと2回多くタイトルを獲得しているだけで、20勝多いだけ。この先の2年で達成可能だろうから、それもすごいよね」と語った。

「最高だよ。数字的にも史上最高になれるなんて。現実っぽくないけど、でも可能性はあるし、きっと彼もそこからモチベーションを得られるはずだよ」

また、2018年にパフォーマンスを大幅改善してきたライバルのフェラーリから多くのプレッシャーを受けながらも、それに対応した元チームも称賛したロズベルグは次のようにコメントしている。

「今日のレースは、もちろんメルセデスにとってはシーズンを締めくくる上で最高の形ではなかったけれど、そんなの関係ないよ。誰も気にしない。最後は大局が大事だからね。シーズン半ばから真っ二つに分かれた。セバスチャンがものすごく苦戦して何度もミスを犯し、彼のチームもミスを犯している。メルセデスとルイスは何もかもパーフェクトにやっていたし、それが大成功への道を大きく分けただけだと思う。だからこそ、チャンピオンシップでこれだけ大差が開いたんだし、これだけ早くにチャンピオンシップが決まったんだ」

© ESPN Sports Media Ltd.