News

© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

F1は21戦が組まれた2019年の暫定レースカレンダーを発表した。ホッケンハイムで行われるドイツGPと鈴鹿が舞台の日本GPの新契約が承認されている。

両レースの契約は今年末で切れることになっていたが、F1は鈴鹿との2021年のカレンダーまで続く3年契約を承認するとともに、ドイツGPに関しては地元の自動車メーカーであるメルセデス・ベンツのサポートを受けての1年の契約追加を発表している。鈴鹿はHondaが、ホッケンハイムはメルセデスがタイトルスポンサーを務める予定だ。

2019年シーズンはオーストラリアで3月17日(日)に始まり、アブダビで12月1日(日)に幕を閉じる。レースの順番は今季の21戦のカレンダーとほぼ同一ながら一部が異なっており、今年あったフランス、オーストリア、イギリスのトリプルヘッダーは解体され、シルバーストーンがオーストリアの2週間後に行わることになっている。また、今季のロシアと日本に代わり、シンガポールとロシアが連戦で組まれた。

他に目立つ変更点はUS GPが1週間後ろ倒しになり、メキシコGPと順番が入れ替わったことだ。

また、来年のカレンダーには1000回目のグランプリが登場する。舞台は中国だ。

F1のCEOであるチェイス・ケアリーは「今年と同様に21戦で構成された2019年のF1世界選手権のカレンダーを発表できて非常にうれしく思う。また、新たな契約に合意し、忠実で知識の深い日本のファンが今後もF1を楽しめるようになったことを受け、長くレースを開催する日本GPのプロモーターに敬意を表したい」と述べている。

「また、メルセデス・ベンツにとても価値ある助けにより、ドイツの自動車クラブであるADACとAvD、そしてドイツ運輸省、"Digital Infrastructure(デジタル・インフラストラクチャー)"とわれわれがホッケンハイム当局およびホッケンハイムリンクGmbHと合意に至り、2019年に再びこのアイコニックなサーキットでレースできること発表できるのも喜ばしい」

【2019年暫定F1カレンダー】

第1戦 3月17日 オーストラリア・メルボルン
第2戦 3月31日 バーレーン・サヒール
第3戦 4月14日 中国・上海
第4戦 4月28日 アゼルバイジャン・バクー
第5戦 5月12日 スペイン・バルセロナ
第6戦 5月26日 モナコ・モンテカルロ
第7戦 6月9日 カナダ・モントリオール
第8戦 6月23日 フランス・ルキャステレ
第9戦 6月30日 オーストリア・シュピールベルク
第10戦 7月14日 イギリス・シルバーストーン
第11戦 7月28日 ドイツ・ホッケンハイム
第12戦 8月4日 ハンガリー・ブダペスト
第13戦 9月1日 ベルギー・スパ・フランコルシャン
第14戦 9月8日 イタリア・モンツァ
第15戦 9月22日 シンガポール・マリーナ・ベイ
第16戦 9月29日 ロシア・ソチ
第17戦 10月13日 日本・鈴鹿
第18戦 10月27日 メキシコ・メキシコシティ
第19戦 11月3日 US・オースティン
第20戦 11月17日 ブラジル・サンパウロ
第21戦 12月1日 アラブ首長国連邦・アブダビ

F1が発行したプレスリリースでは2019年のドイツGP開催のみが認められており、契約の長さには触れられていない。ホッケンハイムリンクCEOのゲオルグ・ザイラーは数週間におよぶ集中した交渉の末に新契約が成立したと述べた。

メルセデスのチーム代表であるクリスチャン・トト・ウォルフは、メルセデスにとってホームレースを維持することが重要だったと明かしている。

「今年のホッケンハイムでのグランプリはドイツでF1が生み出す熱狂を示していた。それゆえに、われわれのホームレースが来年も開催されるように自分たちの力であらゆることを実行するのが、われわれにとって重要だった。F1や全ての関係するステークホルダーたちと共に、われわれはそれを実現する道を見つけた。来年のドイツGPでメルセデス・ベンツがタイトルスポンサーも務めることを喜ばしく思っている」

一方、日本GPの承認によって最も人気あるサーキットの一つがカレンダーに残ることが可能になった。鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの代表取締役社長である山下晋氏は次のように語っている。

「鈴鹿サーキットでのF1の30周年を祝福し、この特別なイベントをわれわれのタイトルパートナーであるHondaと共有することを喜んでいます。これを可能にした本田技研工業株式会社とF1に心からの感謝を示し、グランプリ週末を心待ちにしています」

「レース更改の発表を受けて未来に心高鳴らせるとともに、鈴鹿が世界中のファンに愛され続け、日本におけるモータースポーツの反映に貢献できることを願っています」

本田技研工業株式会社の代表取締役社長である八郷隆弘氏は次のように付け加えた。

「鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリレースが、長年にわたり多くのファンの方からサポートをいただき、記念すべき30回目を迎えることができたことに大変感謝しています。Honda 日本グランプリレースでは、タイトルスポンサーとしてファンの皆さまに喜んでいただけるコンテンツを用意してお待ちしております。モータースポーツの最高峰であるF1を、皆さまと一緒に楽しみたいと思いますので、ぜひ鈴鹿サーキットにお越しください」

(八郷氏のコメントは本田技研工業株式会社 プレスリリースより)

© ESPN Sports Media Ltd.