News

  • ジャン-エリック・ベルヌ

ベルヌにF1チームから来季の問い合わせ

Me
2018年8月18日 « スペクタクルのなさに幻滅したアロンソ | シナリオが整えばアロンソはF1に戻るだろうとバトン »
© Getty Images
拡大

新たなフォーミュラEチャンピオンで元トロ・ロッソドライバーのジャン-エリック・ベルヌに、2019年のレースシートに関する問い合わせがあるF1チームからあったという。

元レッドブルジュニアのベルヌは2012年から2014年にかけて彼らのジュニアチームでドライブしていたが、放出されて以降はF1のグリッドから遠ざかっている。彼はF1以外で成功を見つけ、テチーターに所属した最新シーズンのFEでタイトルを獲得。ル・マン24時間でもLMP2クラスで暫定優勝を果たしたが、チームの技術規定違反により、失格となってしまった。

来季F1復帰についてベルヌは『Crash.net』に次のように語った。「可能性としてはあるよ。モータースポーツ界の変化って面白いよね」

「気持ちを入れ替え、ほんの少し働き方を変えると、すぐにリザルトが目に見えるようになるんだ。それがリザルトに表れてくるんだよ。すると、自分に対する人の見方や話し方まで変わってくる。自分というブランドを代表するようになると、多くのことが変わるね」

「3年前だったら、僕を呼ぼうなんて思う人はF1に1人もいなかっただろう。"ねえ、来シーズンの契約はもう決まってる?"なんて声を掛けてくれる人なんていなかったと思う。だから素晴らしいことだよ」

ベルヌの運が大きく傾いたきっかけは2013年終盤、レッドブルがマーク・ウェバーの後任として、当時の彼のチームメイトだったダニエル・リカルドを翌年のドライバーに選んだことだった。ベルヌはもう1シーズンをトロ・ロッソで過ごしたものの、2014年末に放出された。それとは対照的にリカルドの方は、スポーツのビッグネームの1人としての地位を確立し、そのプロセスで堂々のグランプリ7勝を挙げている。

もし、違う運命をたどっていたらどうだったかという質問に、ベルヌは自身のF1キャリアに後悔はないと語り、今後の復帰も検討すると述べた。

「僕は今いる場所に満足している。苦々しさなんてないよ。元チームメイトのダニエル・リカルドがレースで勝つのを見た。モナコのレースだったんだけど、彼が勝った時はすごくうれしかった。ムスッとして、"僕はこいつに勝っていたんだ。そいつが今ではレースに勝ち、契約も未来も手にしている"ってぼやくこともできるよ」

「でも、そういう苦々しさは全くない。僕は自分が手にしているものにすごく満足している。物事が起こるには理由があると思うんだ。10年後の彼がどうなっていて、10年後の僕がどうなっているかなんて誰にも分からないだろう? だから、もう僕はちっともがっかりなんてしていない。自分のミスから学んだし、悪い出来事からも学んだ。自分に起きたことにむしろ感謝しているくらいだよ」

「でも今、もしもF1からいいチャンスが巡ってくるなら、考慮するだろうね」

リカルドがルノー・スポールF1への移籍を決めたことでレッドブルに空席ができた。カルロス・サインツのマクラーレン行きが確定したことで、その席を埋めるのはトロ・ロッソのピエール・ガスリーになる可能性が高い。そうなると今度はジュニアチームの方に空きができる。ブレンドン・ハートレーがどうなるかはまだ定かではなく、レッドブルジュニアのダン・ティクタムは今のところまだF1に昇格するにはスーパーライセンスポイントが足りていない。

© ESPN Sports Media Ltd.