News

  • ハンガリーテスト - レッドブル - 最終日

コースデビューに感動しきりのデニス

Jim
2018年8月2日 « タイヤやセットアップの評価に励んだライコネン | エリクソンから作業を引き継いだジョビナッツィ »
© Red Bull Racing
拡大

1日(水)に最終日を迎えたハンガリーテストでレッドブルのプログラムを担当したジェイク・デニスは全体の3番手タイムを残した。

ジェイク・デニス

「いい1日だったよ! 131周を走ったし、昨日はダニエルが確か125周だったと思うから、チームはかなりマイレージを稼げたし、たくさん学べたと思う。午前中は数回のロングランに集中し、それから柔らかいタイヤも試したんだけど、あれは楽しかったな。マシンを限界までプッシュするのは最高の経験だ。その後、午後にもう一度ロングランに戻り、マシンに関してはかなり大きな進歩を遂げられたと思う。全体としてとても良い1日だったし、僕を招待してくれたチームには感謝してもしきれない。それから、ルーキーが131周したことについては、今、かなり実感している!」

ジェフ・カラム(シニアプロジェクトエンジニア)

「今日は非常に忙しいプログラムに取り組み、予定していたアイテムはすべてやり遂げた。今朝はRB15をターゲットにした多数のパーツを着けて走行し、Rb14と比較した良いテストに励めた。RB14の空力マッピングの作業にも取り組み、集めたデータは今季残りの9戦に大きな価値をもたらすだろう。それからタイヤ作業も実施し、ジェイクは柔らかいタイヤの走行を完了している。RB14の持つ力を実際に感じるチャンスを得たことは彼にとって素晴らしいことだと思うし、きっと楽しんでもらえたはずだ。彼のフィードバックは非常に素晴らしく、マシンをドライブする実体験は当然ながら彼にとって価値あるものになるだろうが、それだけにとどまらず、シミュレーター作業との相関関係にも役立つだろう。チームにとってはとてもポジティブなテストであり、待ち望んだ夏休みを迎えるにあたり最高の形で締めくくれた」

© ESPN Sports Media Ltd.