On This Day

/ 9月

  • 全車完走のイタリアGPをモントーヤが制す

今日は何の日:9月4日

2005年イタリアGPを制したファン-パブロ・モントーヤ © Getty Images
拡大

【1960年】

フェラーリのフィル・ヒルとリッチー・ギンザー、ウィリー・メレスがイタリアGP表彰台を独占。さらに、F2のフェラーリをドライブしたウォルフガング・フォン・トリップスがクーパー・カステロッティのジュリオ・ガビアンカに次ぐ5位フィニッシュを果たしている。

【1966年】

イタリアGPでルドヴィコ・スカルフィオッティが初優勝を飾り、母国のファンを喜ばせた。予選でフロントローを手に入れたのはフェラーリを駆るスカルフィオッティとチームメイトのマイク・パークスだったが、5番手スタートのロレンツォ・バンディーニが好発進を決めてオープニングラップの終わりまでに先頭に立つ。一方のスカルフィオッティはデニー(デニス)・ハルムの後方7番手に後退。しかし、その後はスカルフィオッティの猛チャージが続き、ジャック・ブラバムを皮切りにジョン・サーティースらが相次いでリタイアした結果、チームメイトを引き連れてトップでゴールした。このレース最大のインシデントが発生したのは17周目。リッチー・ギンザーがクルバ・グランデでタイヤトラブルに見舞われ、乗り込んだホンダマシンはコース脇の木に突っ込んだ。奇跡的にもギンザーは無傷で生還したものの、マシンは大破している。

【2005年】

イタリアGPに出走したすべてのマシンがスタートからゴールまで完走、史上2回目の記録となった。レース自体はマクラーレンのファン-パブロ・モントーヤが優勝し、ルノー勢のフェルナンド・アロンソとジャンカルロ・フィジケラが2位と3位に入っている。イタリア人ドライバーがモンツァで表彰台に上ったのはミケーレ・アルボレート以来、久々のことだった。

© ESPN Sports Media Ltd.
Close