News

  • ビリー・モンガー

ビリー・モンガーがシューイならぬレギーを披露

Jim
2018年7月24日 « ウエットの選択に驚いたガスリー | ライバルの誠実性を信じるのみ、とウォルフ »
© Mirko Stange/Sutton Images
拡大

両足切断を経験したビリー・モンガーが先週末、イギリスF3で表彰台に上り、F1ドライバーであるダニエル・リカルドの"シューイ"を模してその喜びを表現した。

昨年、イギリスF4のレース中に前方を低速走行していたマシンが突如としてパワーを失ったことで、そのマシンに追突する大クラッシュを喫したモンガーは両足切断の大ケガに見舞われたが、別のシリーズに参戦した今年、驚異のカムバックを果たしている。

イギリスF3に参戦した今年の開幕戦でいきなりの表彰台を達成したモンガーはスパ・フランコルシャンでも3位でゴールし、表彰台でリカルドの恒例パフォーマンスとなったレーシングブーツにシャンパンを入れて飲む"シューイ"を真似た――ただし、モンガーが手にしたのはレーシングブーツではなくレースで使用した義足の片方だ。

所属チームのカーリンは『Twitter(ツイッター)』に"#NeverGiveUp(絶対にあきらめない"と"#LifeIsWhatYouMakeIt(人生はアナタ次第)"とのハッシュタグを添えて「ダニエル・リカルド、ビリー・モンガーがあなたのシューイを真似てみましたよ。これは・・・"レギー"ですかね!? これを世界に広げましょう!!」とつぶやいている。

さらに、モンガーも自身のツイッターで「スパ・フランコルシャンでまた表彰台に上れた。ダニエル・リカルドからインスパイアされて・・・これが"レギー"さ」と

これに対し、リカルドは「なんてやつだ!」と返している。

モンガーは2017年イギリスGPにメルセデスのゲストとして招待され、今シーズンの新車発表にも参加。その日、モンガーはシルバーストーンを走行したルイス・ハミルトンのマシンに同乗した。

© ESPN Sports Media Ltd.